忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 記事一覧

書評「ヘイトと暴力の連鎖 反原連―SEALDs―しばき隊―カウンター」


この本の書評についてなのだが、一言だけ…

勝手に戦え! エイリアンvsアバター
 

という事でよろしいんじゃないでしょうか。正確にはこの本の書評ではなく、問題となったしばき隊内ゲバリンチ事件に対する評価というべきだが。まさに「内ゲバでも何でも勝手に戦ってろ!」の一言に尽きる。それほどくだらなくて馬鹿馬鹿しい事件だ。

・頭も軽けりゃ尻も軽い、おまけに脇まで甘いときた、それでいて出世欲と売名欲だけは人並み外れて高い李信恵というチンピラヤンキー女とその子分達が加害者。
・対してこれまでツイッターでさんざん差別暴言を繰り返してきた、それこそ在特会にいてもおかしくないネット右翼が被害者。

これらがしばき隊内部で内ゲバリンチ事件を起こしたという。どんだけタチの悪いギャグなのか知らないが、まさに「勝手に戦え!」とでもしか言いようがない。しばき隊や反原連などというのは表向き「脱原発」「在特会へのカウンター」を称しているが、そうしたお題目は全て中身のないインチキ・詐欺であり、実態は在特会やヤクザとほとんど違わない犯毒集団であるのは明白ではないか。その犯毒集団に属する悪人同士が内輪もめで殺し合いしたというだけの話で、何の意外性もない。
もっともこの事件がしばき隊やそれにくっついている在日の不良分子にとって「終わりの始まり」になればいいんじゃないの? という事は言えるかもしれないが。

加えてもう一つ余談を言うならば、しばき隊界隈に関わった者達というのは、敵味方問わずかなりの確率でどんどん狂っていく(あるいは隠された本性が露になる)という事が言えるのではないか。今回の事件の加害者である李信恵やその子分達(通称:エル金、凡など)はもちろん、被害者である「主水」と称する差別主義者のネット右翼改憲派ぞろいな奥田愛基はじめとするSEALDs首脳陣など、実際にしばき隊や反原連・SEALDs界隈内部に入って活動した者はもちろんなのだが、それに対抗して批判している者達にもおかしな言動をするようになった者が何人もいる。韓基大lala_flower010といった者達がそうだ。この者達の異常さ(沖縄米軍基地本土引き取りへの賛同や在日と祖国の関係断絶を主張するなど)はそれこそ李信恵達となんら違いがない。しばき隊憎しのあまりに、どうしようもないネット右翼の発言まで何のためらいもなく嬉々としてリツイートしている「自称在日二世」や「自称左翼」達は、ある意味で李信恵達よりも低劣なのではないか。しばき隊界隈というのは人間の思考を狂わせる毒素や病原体にでも「汚染」されているのではないかと疑いたくなる。内部に入って仲間になってもおかしくなるし、敵対者までも感化されておかしくなり易い。あの界隈は批判する側もよほど気を付けていないとミイラ取りがミイラになり易いというのは、経験則的にも確かであろう。正直、距離をおいて関わりあいにならないのが最上という事になろうか。敵味方入り乱れて、これだけ低劣で劣悪な連中が騒ぎを起こすという例は珍しい。いや、これもまた3.11以後に滅びの道をたどった日本の社会運動の典型例と言うべきか。

今回の鹿砦社の本は「しばき隊界隈終了のお知らせ」とでも言うべきものであり、同時にあの界隈と関わるのも「終了」した方が良いという事を読者に「お知らせ」しているとも言える。だからといってこの本の執筆陣がほめられたメンツばかりという訳でもない点は留意する必要があろう。ろくでなし子とか世に倦むとか…。

PR

今週の妄言・妄動大賞(1)

今週(じゃないのもいくつか混ざってますが)の妄言・妄動大賞

・奥田愛基(SEALDs代表)
参議院選は事実上の「負け」ではないかという問いに対して
「けれども、「惨敗」かというと、そうは思いません。」
http://news.yahoo.co.jp/feature/254

そりゃそうだろうよ。だって奥田はじめとしてSEALDsの指導部連中はみんな改憲派なんだから。自公与党で衆参3分の2確保していよいよ改憲が秒読みに突入したのは、連中にしてみれば「大願成就」でありこそすれ、「惨敗」などでは決してないだろう。選挙の間は肝心の候補者よりも多くのマスコミに注目されてスポットライトを浴び(だから野党は負けたんじゃねえのか? 候補者本人よりも応援者が目立ってどうする!)、悲願の改憲への道筋をつけて「惜しまれながらの解散」なのだから、まさに思い残す事はあるまい。このまま二度と社会に出て来ないでくれ。「アイアム若者」しか売りのない芸無しにはそろそろ潮時ってもんだろう。もっとも20年くらい過ぎてから、やはり「アイアム若者」しか売りのない古市憲寿と一緒に「あの人は今」とばかりに「今やアイアム中年」というコンビ組んで再登場、というのはお笑い種としてちょっと見てみたい気がしないでもない。その時まで日本という国が存続していたらの話だが。


・鳥越俊太郎&桜井誠&上杉隆(いずれも東京都知事選候補者)
東京都知事選のポスター ザ・「取り戻し合戦」

https://twitter.com/mkimpo_kid/status/753420006109491200

多言は要しまい。上記リンク先の写真が全てを語っている。この二人のスローガンが同じって…。まあ、鳥越という人も「その程度」って事をよく表した好例という事で。これ見てると、宇都宮は意地でも辞退すべきではなかったと思う。鳥越について言えば、前回の「細川応援団」現象がとうとう来るとこまで来てしまったという感がする。
それと桜井とは別にもう一人の泡沫候補として、元ジャーナリストの上杉隆も都知事選に立候補している事を忘れてはならない。そう、毎年8月15日になると靖国神社に参拝に行くというあの超アナクロ右翼の上杉隆だ! 
結論:鳥越・桜井・上杉の三者こそ「日本(都政)を取り戻す」「靖国参拝」を共通項に候補単一化すべしッッッッ! 仮にこの三人の誰が知事になっても、オリンピック会場建設の為に追い出されるホームレスに対して「優しい」知事になりそうだ! それこそ安倍が高江や辺野古の基地建設反対者に対してやってるのと同じくらい「人権的」で「民主的」で「慈愛溢れる」ものになるのは間違いあるまい!


・ちばてつや(漫画家)
靖国神社みたままつりにて
「日本が世界中から(恐がられるのではなく)愛される國になりますように」

https://twitter.com/mkimpo_kid/status/753173029123796992

これまた上記リンク先ツイッターを参照。恥ずかしながら、ちばてつやが毎年のように靖国みたままつりに献灯していたというのは、これで初めて知った。晩年のちばは醜悪な言動が本当に多く、とりわけ古本やレンタルコミックに対してディズニー並みの著作権亡者ぶりを見せた時は、この漫画家がこれまで描いて来た事は一体何だったのかと悲しくなったものだ。それでもこの爺さんが日本敗戦で幼少時に中国から引き上げてきた体験があり、朝鮮総連の機関紙などのインタビューで日本の侵略と植民地支配の問題について語り、それをテーマにした漫画をいずれ描きたいと語っていた事もあった。なのでちばてつやはどんなに強欲ジジイに堕落してても、反戦平和に対してだけはある程度本気なのではないかと筆者は思っていた。が、それは愚かな勘違いと、今日に至って知りました。甘いな筆者も。ちばてつやを「引き上げ経験のある苦労人で、平和主義者」などと考えるのは、それこそ明仁を「日本最高の平和主義者」などと言うのに等しい重大な過ちであった! だって靖国のみたままつりだぜ? 狂信右翼の全国祭典だぜ? ただの極右ジジイじゃねえか! しかも小林よしのりや久松文雄と仲良く並んで! ちなみに久松は大昔に中国や朝鮮の歴史物漫画を多く描いていた(ただしほとんどは久保田千太郎や李学仁などの原作付き)が、近年は嫌韓嫌中ぽい漫画の仕事が非常に多い。当初の久松は原作の内容関係なくそれをひたすら絵にする事に徹するタイプの漫画家だったのだろうが、右翼的な仕事ばかりしているうちにそれに中毒してしまったのではないか。師匠の手塚が見たら草葉の影で嘆くだろうな…。ちばてつやは上杉隆や桜井誠とはさぞかし気が合う事でしょう。
それはともかく、ちばの奉納した献灯すごいね。特に「國」とわざわざ旧字体で書く所に「日本人として恥ぢざるだけの精神と気迫(笑)」を感じてしまう。もう20年くらい前になるはずだが、朝鮮総連系の雑誌のインタビューに答えて、日本の侵略戦争をテーマに漫画描くっていう話はどうしたの? まさかこれらがそうだというんじゃあるまいね? 靖国神社で子供が日の丸振りながら「日本が世界中から(恐がられるのではなく)愛される國になりますように」とか、これは一体何の悪質なギャグなんだ? 日本が侵略戦争バンバンやってたあの時代に「日本の兵隊さんのおかげで世界は平和になり、こんなに尊敬されてます」という児童洗脳絵本がたくさんあったが、それと何が違うのか。他の年に奉納したらしい絵も見てみたが、靖国神社に紫電改のタカで「祖國を想う」とか「世界平和を祈る」とか、キモ過ぎて耐えられん。今のちばてつやの脳内は軍国少年だった引き上げ前の幼少期へと完全に回帰してしまったのだろう。頼むからとっとと死んでくれ。
戦争を知ってる世代の中でも、ちばてつや(と金子兜太もそうだよね)は水木しげるや天本英世や岡本太郎よりもしぶとく後世に生きのびた、という事実は我々に一つの教訓を与えてくれる。それはまさに「いい奴ほど早く死ぬ」「憎まれっ子世にはばかる」という事だ!

(続く)

「安倍総理の参議院選挙勝利を心より大歓迎申しあげます」by 大韓民国大統領・朴槿恵

ざっと見た限り日本では現時点でどこも報じていないニュースなので、以下に翻訳して記録しておきたい。47ニュースの韓国版には出ているのに、日本版では全く触れられていないのは不自然な事であろう。まあ、理由は大体察しがつくが。


http://www.47news.jp/korean/korean_peninsula/2016/07/141843.html
韓国朴槿恵政権、日本与党参議院選挙勝利「歓迎」…「改憲」警戒感も(総合)
2016.07.11 10:55

【ソウル共同】日本自衛隊の海外進出に世論の憂慮が根深い韓国では、参議院選挙で改憲勢力が全議席数の3分の2を確保する事で改憲発議に対する現実感が高まったとして警戒感が強くなっている。聯合ニュースは日本の政界が「改憲政局」を急速に履行するだろうと展望。賛否が分かれる憲法9条よりも「緊急事態条項」新設を優先する可能性を指摘した。

一方朴槿恵政権は昨年末日本軍慰安婦問題の日韓合意に至った後、対日関係改善へと方向を旋回した。現政権の残り任期は約1年8ヶ月で、安倍政権の基盤が揺らいで慰安婦合意履行に影響を及ぼしたら任期内に対日外交で成果を上げるのが難しくなる為、参議院選挙の与党勝利を歓迎している。

朴政権は8日、アメリカの最新鋭地上配置型邀撃システム「高高度ミサイル防御体系(THAAD サード)」の韓国配置決定を公表し、日本と共にアメリカ主導のミサイル防衛(MD)に参加する姿勢を明確にした。朝鮮半島など地域の安全保障問題に対処する為にも日本の政権弱体化を望んでいない。


今回の選挙で改憲勢力は3分の2突破! さあ、改憲は時間の問題だ! 憲法9条はすでに死んでいる! まずは緊急事態条項だ! これで自衛隊は「国防軍」だ! 日本はこれで堂々と戦争が出来る国だ、軍国主義が完全復活だ! 日本鬼的軍国主義終底復活! これで日本は明確にアジアにとって軍事的脅威に…

…そう言われている矢先にこれだよ。朴槿恵は日本の与党勝利を「歓迎」だってさ。しかもその理由が「日韓慰安婦合意が履行出来なくなったら困るから」だという。どこまでも従軍慰安婦被害者を踏みにじって歴史から抹殺する事しか頭にない朴槿恵のやり方に怒りを禁じ得ないが、同時に日本の与党(自公)勝利を歓迎というのは、その結果到来するであろう改憲も歓迎するという事にしかならない。韓国の朴槿恵政権は日本の改憲・9条破棄を事実上歓迎しているのです! かつて日帝最大の被害国であった(はずの)国が、激しい民主化運動で民主化を勝ち取った(はずの)国が、その90年代の民主化以降日本の植民地支配責任を追及してきた(はずの)国が、今やここまで来ているのだ。本当に韓国という国は終わっている。日本が改憲を推し進めるのに、韓国という国は何の歯止めにもならないどころか、むしろそれを後押しするような真似をするであろう。
しかしそれも当然過ぎる結果かもしれない。昨年日本で安保法が通った際に、韓国のほぼ9割近いマスコミは何と論評していたか? 「日本の安保法案は対北抑止力になるから歓迎」右翼の朝鮮日報や中央日報から、進歩派(のはず)のハンギョレや京郷新聞までみんなこう言っていたではないか。少なくとも現時点で韓国のほとんどのマスコミは「日本与党の勝利歓迎」という社説やコラムの類は見当たらなかった。だが政権当局が「日本与党勝利歓迎」を旗幟鮮明にした以上、「日本が改憲して戦争出来る国になるのは、対北抑止力になるから歓迎」という記事が間違いなくこれからあふれ出すはずだ。ハンギョレなんてボンクラ日本特派員の吉倫亨(キル・ユンヒョン)が「日本の運命がかかった参議院選挙」などと言ってあたかも良識派ぶっていたが、改憲の前段階である安保法成立を「対北抑止力と中国の暴走制御になるから評価出来る」と誉めそやしてた新聞はどこの誰? 今さら何を言っているのかという話だろう。ハンギョレが今後とも日本の改憲問題に対して腰砕けでスタンスの定まらない報道しか出来ないのは、100%保証付きである。

いずれにせよはっきりしているのは、韓国の現政権は今回の日本参議院選挙における自公与党の勝利を歓迎した。すなわちそれに伴う「慰安婦合意履行」と「改憲」も歓迎する結果にしかならないという事だ。韓国マスコミの多数も程なくそれに一斉に追従するだろう。右も左も関係なく。中国や朝鮮共和国と違い、韓国は東アジアで日本の改憲と「戦争の出来る国化」を最も大歓迎し、それと強く協調する国になる。これは次の大統領選挙で政権交代しても基本的に変わる事はないだろう。韓国の政権と報道機関は日本の改憲を阻止する勢力には全くなり得ない。日本で本当に護憲運動をするならば、こうした国際情勢も十分に理解しておかねばならないだろう。

日本のマスコミが今回の件を報道したがらないのは、おそらく「朴槿恵なんかに歓迎されている事が広く知られたら、せっかくの与党勝利と改憲ムードがぶち壊しになる」つまり「改憲が韓国に歓迎されている。改憲は韓国を利する行為」だと思われてしまうのを警戒したのではあるまいか。舛添都政が韓国学校に敷地を貸そうとして嫌韓右翼の標的にされたが、安倍を同じような目に遭わせる訳にはいかないという忖度であろう。そんな事は全くの誤解にして杞憂なのだが…。日本政府だってTHAADの韓国配備を歓迎してたでしょ? こういう「嫌韓脳」も度を越すと、安倍を忖度するはずがむしろ足を引っ張るという逆効果に…ならねえか。なりませんね。

吉方べきは朴裕河との公開討論会の最後に何をしゃべったのか?

先の記事で吉方べきという人間は非常に胡散臭い所があるという疑問を呈したが、もう一つ吉方の「本性」を垣間見れるネタを提示しておきたい。この者は件の朴裕河狂信者グループが団体を発足する前から朴と公開討論などをやってきた間柄だったのだが、2015年1月31日の討論会の終わりに言ったコメントが興味深い。と言うか、これぞまさに「馬脚」というやつではないか。以下にそれを翻訳抜粋する。強調部分は訳者による。

「私はこの問題(従軍慰安婦問題:訳注)に対する確実な結論のようなものを持っていない。熱心に勉強もして考えても来たが、この問題が大変多面的で色々と見る視覚によって解釈も違って見え、事に当たるのが少し難しい、正直言って。平均的な日本人よりも私は日本の責任を積極的に認定せねばならないと見る立場ではあるが、そうした立場から見ても実際に少し不都合な所がある本(「帝国の慰安婦」の事:訳注)ではある。一つは、日本の右翼や保守団体達がこれを利用するのではないかという事だ。もちろん韓国でも多く言われる話だ。それはもちろん論議をしながら越えていかねばならないが、そうした人達の為にこの話をしてはならないというのは同意出来ない。この本自体に相当な意味があると私は考える。例えば強制連行であるとか年齢帯であるとか数字であるとか挺身隊との混同であるとかいう点などに対して、現在広く知られている事達は明らかに事実と掛け離れている。朝鮮人業者が介入したとかいう事なども明らかな事実だ。韓国人達はこういう事などを無視してはならない。こうした事を紹介した事だけでもこの本は相当な意味がある。

だが私は日本に法的責任を問うのは難しいという部分では確信が立たない。以前にはアジア女性基金のような日本の努力を私は高く評価し、そうした努力を韓国があまりに卑下しているのではないかという不満もあった。だが今安倍内閣の有様を見ると、河野談話も否定したり否定的に見て、もちろん公式的な立場ではないが最近手放しでそうした人達も多い。もしやこれは、後に他の話を出来ないように事前作業をしているのではないかという考えもわく。だから河野談話は談話形式であった為に今違う話がこのように出得るのではないかという話だ。その為これからは法的に少し明らかに解決策を提示せねばならないのではないかという考えを、最近多く思う。いずれにせよそうした立場だし…。ここに来るまで気掛かりな事が一つあるとすれば、韓国人達の内でこの本をよく読んで論議するという方々が多いという事実に驚いたという事だ(笑)。どれだけいるのか実際疑問だった。こうした現象が実に良い事に見える。いずれにせよ、するべき話は全てするべきではないか。こうした行事は非常に肯定的だ」

原文記事URLはこちら。
https://www.facebook.com/radicalthird/posts/801364689946003


スゲエもんである。このフェイスブック運営者「帝国の慰安婦、法廷から広場へ 제국의 위안부, 법정에서 광장으로」というのは名前見ただけで推測出来るように朴裕河の「信者グループ」の一つで、そういう所が「日本人の討論相手」として肯定的な材料に利用しているのが吉方べきという人間だ。

吉方センセイは「帝国の慰安婦」という本に「相当な意味」があると考えているのです! 吉方センセイは他ならぬ韓国人に対して「朝鮮人業者がいた事を忘れんな!」と説教しているのです! 吉方センセイは他ならぬ韓国人に対して今言われている「強制連行であるとか年齢帯であるとか数字であるとか」は事実と掛け離れているんだと説教しているのです! 吉方センセイはアジア女性基金を「高く評価」していたのだそうです! 吉方センセイはこの討論会があるまで「韓国人は帝国の慰安婦をまともに読まず論議していた」と完全に見下していたのだそうです! ものの見事に朴裕河教授の主張と一緒ではありませんか!

…冗談はともかく、吉方の言ってる事は朴裕河の主張をそのまんまなぞってるだけじゃねえのか? 朝鮮人業者がいた事を韓国人は忘れるなだの、強制連行やその数字と年齢帯が事実と掛け離れてるだの、朴裕河が「帝国の慰安婦」で言ってたデタラメそのまんまではないか。挙げ句が「こうした事を紹介した事だけでもこの本は相当な意味がある」だ。まさに噴飯ものであろう。おまけに最初から「私はこの問題に対する確実な結論のようなものを持っていない」と逃げ口上というか「免責事項」をちゃんと述べるのも忘れない。吉方はものの見事に模範的な「普通の日本人」です! よかったね!
はっきり言わせてもらうが、吉方べきと木村幹のどこが違うんだ? 吉方と木村は喧嘩してるだって? まあ、左翼でも右翼でもヤクザでも企業でもどんな世界でも内ゲバってのはあるもんだから(笑)。こういう人間が帝国の慰安婦や2015日韓慰安婦合意にちょっと批判的ぽい事を言ってみせるなど、どれだけ中身のない不実な事であろうか! 要するにインチキなのだ。
しょせん吉方べきという男、日帝目線が本性であり、ただただ己の「営業と商売」しか頭にないという事であろう。そもそもこの輩は韓国の極右新聞・朝鮮日報(日本で言えば読売や産経のポジションに該当)日本語版立ち上げ人の一人であった事からも分かるように、その本性は典型的な「日韓癒着派」の商売人である。吉方べきは「韓国の独裁政権と日本政府は共犯関係」という1965年体制(日韓協定体制)にしがみついて利益を得る閥にいる訳で、そうした「営業」の妨害になるから嫌韓が邪魔というだけなのが本音だろう。そういう立場であれば朴裕河の求める「日韓和解」は商売上歓迎すべきであるし、「帝国の慰安婦」をあれだけ肯定的に持ち上げるのも不思議はない。この男が朴裕河信者集団の「発会記念興行」に正式にゲスト講演者として招請されたのも当然と言えば当然だったのである。

いずれにせよ間違いなくはっきりしているのは、吉方べきという日本人がとんでもないインチキ野郎であるという事、喧嘩(しょせん日帝者同士の内ゲバ)相手の木村幹と本質的に何の違いもないという事、何よりも「帝国の慰安婦」を大変意味のある本だなどと肯定的に持ち上げているという事だ。だからこの輩がわざわざ差別的な言い回しで嫌韓を批判しても何の不思議もなかったという話である!

吉方べきという人物について

この人物については前々から胡散臭いという印象しかなかった。その胡散臭さというのは要するに例の金明秀に似た気持ち悪さとでも言うか。
筆者が吉方について知ったのは朴裕河問題との絡みである。韓国には朴裕河を神と崇めて「日韓和解」に狂奔するキモい邪教徒集団が(保守・進歩問わず!)一定数存在し、この連中は自らを「東アジア和解と平和の声」(笑)と称して2015年6月20日に「発会興行」とも言うべきシンポジウムを開いた。そこのゲストの一人に吉方べきが参加していたのだ(ついでに言うと、このシンポには当然ながら浅野豊美(笑)もゲストで出ている!)。ただし吉方は浅野豊美や大江健三郎や蔣正一のような熱烈な擁護派ではなく、一応朴裕河に対して批判的に見えるスタンスをとっている。だがこのシンポジウムは明らかに「朴裕河を神と崇めるカルト集団」が団体を立ち上げた「記念祝祭」であり、抗議デモや純粋に事実だけを伝える為の取材ならともかく、まともな人間なら気持ち悪くてとても近付く気になれないだろう。そんな所へ平然とノコノコ講演者として出かけた吉方は何を考えているのか。周囲が全部朴裕河の信者や擁護者ばかりの中に一人だけスタンスが違うかのように見える者を混ぜて「これは政治的に偏向した集まりではない。誰の参加も歓迎している」かのような口実をデッチ上げる役割にしかなってないだろう。もっとも吉方がこの日のシンポで何をしゃべったかは公開されてないので分からないが、少なくとも鄭栄桓氏のように朴裕河相手に真っ向から激論を交わすような事は考え難い。吉方はその後も何度か講演会などで朴裕河と同席しているからだ。もちろん吉方は「帝国の慰安婦」に一応批判的なスタンスという事になっていて、その立場から朴と「討論」しているのだが、その和気あいあい過ぎる様子は見てらんないの一言である。これって「無気力相撲」なんじゃね?と。真面目に朴裕河を追及してるようには思えないという疑念を抱かせるに十分だ。吉方は単に自分の「営業」の為に朴裕河に批判的っぽいスタンスを装っているだけではないのか。吉方が日帝植民地支配の清算やその正しい歴史を伝える、あるいは在日朝鮮人の人権問題といった事を真剣に考えているのか疑わしいという疑念を筆者は今でも拭いきれない。

なので吉方が以下のように嫌韓・嫌中を批判しているはずのツイートで、「知的能力」だの「筆跡」がどうのという差別的な言い回しをしても全く意外ではなかった。むしろ馬脚を現したなというのが筆者の感想である。

https://twitter.com/tabisaki/status/749918630071062532
吉方べき
‏@tabisaki
閲覧注意案件。知的能力にも疑問を抱かせる筆跡だが、だとしても、中国人や韓国人へのヘイトに向かわせる社会の空気があってこそ、こうなったはず。七夕の短冊、子供もこれを見るのだ。
3:51 - 2016年7月4日

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30

フリーエリア