忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 社会 > 目玉の福祉政策 返す差別の刀

目玉の福祉政策 返す差別の刀

高校無償化は結構な事です。が、図らずもこれは今の民主党政権の排外主義・差別主義的な汚さを天下にさらけ出す結果になりました。朝鮮学校を対象から外す方向だという例の方針です。
一見すると良さそうな福祉政策を「在日朝鮮人は除外」とする事で、結局在日朝鮮人に対する抑圧&差別に悪用するというやり口は自民党政権の頃から何ら変わりがありません。むしろ民主党は以前に対北朝鮮制裁で自民党以上にひどい案を提示した事がある(在日朝鮮人の資産凍結など基本的な生活権すら否定した、日本版アパルトヘイトとも言うべき滅茶苦茶な代物)ので、このまま行けばさらにひどい差別的政策を打ち出していくでしょう。民主党政権はすでに半分在特会になりつつあります。一方で朝鮮籍は除外する方向で進めていた地方参政権問題は結局先送りする事にしたようで、民主党政権は妙な所で逃げ腰な所もあるようですが。
ま、週刊金曜日2.26号に載ってた前田日明の対談は嘲笑する価値もないでしょう。前田なんて男は脳味噌まで筋肉で出来てるただの筋肉バカですから。民族の誇りがどうこう言う割には天皇を尊敬してたり、参政権反対などと喚いてその手の差別主義・排外主義な日本人に自ら好き好んで利用され、その事に自覚もないようなレベルです。前田は以前だと小林よしのりや西尾幹二のような新しい歴史教科書をつくる会系の連中に利用されましたが、それが今は週刊金曜日で同じような役割(在日の著名人である前田もこう言っている、という形で日本社会の差別を正当化させる役。最近は梁石日や辛淑玉、姜尚中らも同じ役回りをする事多し)で利用されている訳ですから、この男はつくづく進歩のないモントングリ(朝鮮語でバカ、ボンクラの意)としか言いようがありません。
ひょっとしたら高校無償化を没にする為に「朝鮮学校除外」を言い出したのではないかとも思えてきます。結局地方参政権と同じように「連立与党内でも異論が多い」事を理由にして無償化そのものを見送りにする、と。金がかかるので本当は元からやる気のなかった無償化を没にするちょうど良い言い訳が出来て、おまけに在日朝鮮人社会への圧力・弾圧・差別にもなった。他者を差別して抑圧するのが三度のメシよりも好きか、それに全く自覚のない彼らにしてみれば一石二鳥でしょう。おまけにその責任は政府・民主党ではなく、「北朝鮮のテロリストを輩出している不逞な在日朝鮮人社会」のせいに出来る訳ですから、彼らの手は汚れもしません。多分高校無償化の件はこういう落とし所でケリをつけるのではないかと筆者は予想しているのですが…。いずれにせよ自分達の政策が実現出来ないのは朝鮮人のせいだと言わんばかりの事を政府・民主党はこれからも度々繰り返してくるでしょう。これは現在の在特会やかつての大日本帝国、ナチスドイツと何らの違いもありません。
「友愛」だか「東アジア共同体」だか知りませんが、いかに他アジア諸国との共存共栄(ただしここでも北朝鮮だけは例外)を謳おうと、国内ではひどい差別と抑圧を繰り返してそれを一向に改める気配もないのですから、今の政府の本質などもう割れています。こういう政府が続く限り、日本は他のアジア諸国との真の友好など永遠に築けません。
また、高校無償化の朝鮮学校除外に対して反対した日本人もそれなりにいるのですが、その中にははっきり言ってありがた迷惑としか言いようのない人たちも少なくありません。こういうタイプの人達は、かつての日本の朝鮮植民地支配から今までの歴史的経過に由来する「日本人としての過去に対する歴史的責務」や、純粋に差別に対する怒りから行動しているのではなく、「民族差別をしない自分」に酔っているナルシーな困ったちゃん左派の場合が多く、現状起こっている事の本質が何も分かっていないやはり「モントングリ」としか言いようのない人が結構いるのです。典型的なのが「子供達に罪はない」から朝鮮学校も無償化しろという言い草でしょう。これは逆に言えば「子供」以外の朝鮮人には「罪」があるという理屈ではありませんか。彼らの言う「罪」とは何ですか? 「罪」のある朝鮮人とは誰の事ですか? いや、そもそも「罪」があるなら差別・抑圧を加えても一向に構わないというのでしょうか? 彼らは内心では在日朝鮮人を、あるいはその組織である総連や、北朝鮮という国を単に「日本人拉致事件を起こした『罪』のある人格または国家」としかみなしていないひどい偏見を抱いており、本人達が知らず知らずのうちに馬脚を現したに過ぎません。ところが本人達はそれに全く自覚がなく、自分達は民族差別などしていないと思い込んでいる。あまつさえその己の姿に酔ってさえいる。だからこそこの手の人達は今回の無償化除外がいかにひどい差別と偏見・蔑視に由来するものであるか、それが拉致事件に対する感情と相まっていかに政府が最悪の行動をしでかしたかという事を理解出来ていない訳です。自分達がそもそもひどい差別心と偏見の持ち主なのだから当然でしょう。そうでなければ「子供達に罪はない」なんて無神経なセリフは吐けません。
これは思想の左翼・右翼を問わぬ無自覚で潜在的な差別者であり、この手の人達はきっかけさえあればいとも簡単に外面をもかなぐり捨てて在特会レベルに堕落します。在特会だっていつも「自分達は差別などしていない」という弁明をやたらと強調したがりますからね。筆者自身の個人的体験からしてもそういう転向例を何度も見てきました。この手の人達にはとにかく頼むから黙っててくれとしか言いようがありません。ありがた迷惑になるくらいなら何もしない方がまだマシというものですから…。
 
PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30

フリーエリア