忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 社会 > 権力世襲は日本の悲劇 その3(完)

権力世襲は日本の悲劇 その3(完)

前回の続き。いよいよ「真打ち」自民党と、その他諸派(笑)の靖国派議員です。

 自由民主党
森喜朗(第85・86代内閣総理大臣 父は石川県根上町長を9期連続無投票当選した森茂喜。この男のスキャンダラスな話題については様々な媒体でほぼ語りつくされた感があるので、ここでは述べません 笑)
 
安倍晋三(第90代内閣総理大臣 説明不要。と言いたい所ですが、一応代表的な政治家の近親者を列挙します。佐藤信彦(高祖父 山口県会議員)、安倍寛(父方祖父)、岸信介(母方祖父)、佐藤榮作(大叔父)、安倍晋太郎(父)、岸信夫(岸家へ養子に行った弟)などなど。凄いぜ、4代世襲!)
 
福田康夫(第91代内閣総理大臣 これも詳しい説明不要。言わずと知れた福田赳夫元首相の息子)
 
三原じゅん子 (先の参院選で何の手違いか当選してしまったタレント議員で、もちろん世襲ではありません。が、靖国神社には20代の頃から参拝していたというから、聞きしに勝る「益荒男」ぶりだよ、この女)
 
小坂憲次 (旧小坂財閥の末裔で、曽祖父・小坂善之助、祖父・小坂順造、父・小坂善太郎、叔父・小坂徳三郎らが全員国会議員という栄えある4代世襲議員。東アジアの某独裁国家の3代世襲なんぞ目じゃありません 笑)
 
逢沢一郎 (祖父・逢沢寛と父・逢沢英雄が共に衆議院議員。この人も某独裁国家と同様に栄えある3代世襲)
 
甘利明 (元ソニー出身であった事は有名ですが、父は元衆議院議員の甘利正。父の地盤を告ぐ為にソニーは2年ほどで辞めているので、多分コネ入社の腰掛けだった可能性が高いでしょう。レコード輸入権の問題では当時エイベックスの会長だった依田巽と組んでレコード業界のエゴむき出し・ユーザー軽視の法案成立に奔走しました。各種知的財産権の規制強化及びコンテンツ産業の利権強化に最も熱心な「知財族議員」とも呼ぶべき存在で、当然オタク層にとっては天敵とも言って良い存在の一人)
 
石破茂 (祖父は大御門村長だった石破市造、父は参議院議員の石破二朗。これまた3代世襲の政治家一族。ミリタリーオタクである事は非常に有名ですが、それ以上にとにかく自分の考えというのがない無節操漢の集大成みたいな人格の方が問題。かつて小沢一郎にくっついて新進党に行ったと思いきや間もなくあっさりと自民党にリターンしたり、北朝鮮との貿易が大きな産業であった鳥取県の選出議員という事もあり、かつての金丸訪朝団に同行して現地で女を買うほど北朝鮮とは「良好な関係」(笑)だったのが、後に手の平を返すように拉致議連の会長になって同国との関係を悪化させるなど、とにかくミリタリー・軍事オタクという以外の行動や主義主張に一貫性がありません。おかげで地元の境港では北朝鮮との貿易業が干上がってしまい、有権者曰く「石破先生は地元に利権を持って来てくれない」。防衛庁長官時代に自衛隊イラク派兵を決定した「A級戦犯」)
 
稲田朋美 (非世襲、というより2005年の郵政選挙で出て来た小泉チルドレンと言った方が早いでしょう。「タカ派のアイドル」(笑)と揶揄される事の多い女で、大江健三郎の沖縄戦裁判や南京大虐殺の100人切り裁判の原告弁護士になりながら連敗して笑い者になった事が有名。あまりにおぞましい人物なのであんまり語りたくねえな、この女については 笑)
 
井上信治 (非世襲。父親は目医者の理事長。医者を継げなかったので政治家に?)
 
伊吹文明 (非世襲の元大蔵官僚出身。「大和民族が日本の国を統治してきたことは歴史的に間違いない事実。極めて同質的な国」という中曽根康弘なみの日本単一民族論者にして、「人権メタボ」発言などの暴言王として有名)
 
江渡聡徳 (非世襲。厚生労働省の外郭団体役員出身)
 
大島理森 (父・大島勇太郎が青森県議会議員で、叔父の夏堀源三郎が衆議院議員)
 
岡田直樹 (政治家としては直系の世襲ではないものの、父親が北国新聞社会長である岡田尚壮。おまけに森喜朗の姪が妻という限りなく世襲に近い立場なので、ここでは事実上の世襲と分類しました。北国新聞と森喜朗がベタベタの関係である事は有名な話であり、しかも森の息子はコカイン疑惑やら飲酒運転事故やらのスキャンダルまみれで後継は無理なので、岡田直樹は実質的に森喜朗の跡目と見て良いでしょう。皇太子妃・雅子の元恋人だったいうほどお家柄もよろしいようですし 笑)
 
岸信夫 (まあ、上で述べた通り岸家に養子に行った安倍晋三の実弟です。安倍晋三の母・洋子は、信夫を政治家として立候補させる為に無理矢理「拉致」同然に養子に入った岸家から引き剥がし、信夫の養母である岸夫人を自殺未遂に追いやったのは一部週刊誌報道にもあった通り、地元では有名な話。権力者が親族同士で殺し合ったり死に追いやるというのは古代天皇家や戦国時代だけの話ではなく、現代の「民主主義国家」日本でも現実にある事なのです)
 
北村茂男 (非世襲。自民党代議士秘書出身)
 
木村太郎 (祖父・木村文男が元衆議院議員。父・木村守男は青森県知事と衆議院議員を歴任。これまた東アジアの某独裁国家と同じく…。2005年に女性の拉致監禁事件を起こしたいわゆる「監禁王子」のボンボンは木村守男の甥、つまり太郎とは従兄弟同士にあたる。日本にもあったんだ。世襲の権力者一族が「拉致」事件を起こしたという事実が。でも、石丸次郎はじめとするアジアプレスに属する人で、こうした日本の世襲権力者による「拉致事件」に意見表明したものを寡聞にして知りません。どなたか教えて下さい。 笑)
 
高村正彦 (父・坂彦が山口県徳山市長と衆議院議員を歴任。政治家になる前は弁護士として統一協会の訴訟代理人を務めるなど、同協会との関係は有名)
 
古賀誠 (非世襲の叩き上げ。靖国参拝議員の会会長、日本遺族会会長などいくつものアナクロ軍国主義団体で会長などの要職を務めている事はあまりにも有名。一方で古賀の息子は福岡の地元選挙区では親父の威を借る相当なワルとして有名であり、さすがの古賀誠もこの馬鹿息子に世襲させるのは無理でしょう。古賀誠自身も若い頃は愚連隊で暴れまわるなど、半分ヤクザみたいなもんでしたし)
 
柴山昌彦 (非世襲。弁護士出身)
 
高市早苗(松下政経塾出身。元少子化・男女共同参画担当。非世襲ですが、日本のアジア侵略を正当化するような発言を度々してきたのは広く知られた通り。この人、天理教の信者だそうですね。天理教も元をたどれば神道系で、戦時中は戦争協力した宗教だしなあ。天理大学には日帝時代に朝鮮からかっぱらった文化遺産がけっこう眠っていると聞きますし)
 
竹下亘 (広く知られている通り、竹下登元総理の実弟。土建族議員らしく、新潟の福田組会長の娘と結婚して小沢一郎とは義兄弟の関係。売れっ子ボーイズラブ漫画家・影木栄貴が大姪というのも同人業界では知らぬ者のない有名な話。影木栄貴は自分の単行本に「スペシャルサンクス・登おじいちゃん」と書いていた事もありました)
 
武田良太 (叔父である田中六助の地盤を継いだものの、初当選まで10年かかる。郵政民営化には反対したが結局後に賛成に転じたり、靖国議員のくせに日朝国交正常化議員に名を連ねていたり、結局何がやりたいのかよく分からない議員)
 
武部勤 (非世襲の叩き上げ議員。言うまでもなく小泉時代の「偉大なるイエスマン」)
 
谷垣禎一 (現自民党総裁。父親が元文部大臣・谷垣専一。祖父が汪兆銘傀儡政権を作った中国侵略の旧陸軍中将・影佐禎昭。影佐は病気でなければ戦犯として裁判を受ける身だった)
 
田村憲久 (伯父は元衆院議長も務めた田村元)
 
二階俊博 (父・二階俊太郎は御坊造船社長で和歌山県議会議員と稲原村村長を歴任。長らく小沢一郎にくっついていましたが、自自公連立から自由党が抜けた際に扇千景らと一緒に保守党を作って分裂、最終的に自民党復党)
 
額賀福志郎 (国会議員としては非世襲ですが、父の万寿夫は地元の村議会議員や町議会議員を務めた人物なので、政治家一族の事実上世襲とみなしてここでは分類。自民党では大物の防衛族議員であり、それにまつわる山田洋行事件などの疑惑やKSD事件の関わりは有名)
 
平井卓也 (祖父・平井太郎と父・平井卓志が共に参議院議員。これまた東アジアの某独裁国家と並ぶ栄光の3代世襲)
 
平沢勝栄 (非世襲ですが、警察官僚出身で色々とダークな噂の絶えない事は皆さん御存知の通り。拉致議連の有力者、民団系パチンコ業者との癒着、統一協会との癒着、エロ漫画表現規制の急先鋒などなど。西村真悟と並んで拉致議連の中でも下品さではトップクラスの人間。平沢はボクシングの亀田兄弟を贔屓にしていましたが、亀田兄弟は稲川会や山口組に所属する何人もの有力組長からも可愛がられており、亀田兄弟との関係でも皮肉な事に警察とヤクザの癒着ぶりが垣間見えます。 笑)
 
水落敏栄 (非世襲。日本遺族会に所属)
 
山口俊一 (非世襲。西松建設からの献金疑惑あり)
 
山崎正昭 (本人は非世襲。ただし自分の息子を世襲させようと地元の福井県議会選挙に出しましたが落選して失敗)
 
 たちあがれ日本
平沼赳夫 (母方の伯父である元総理大臣・平沼騏一郎の養子になったのはあまりに有名ですが、父方の祖父・中川友次郎もまた群馬県知事でした。拉致議連会長、従軍慰安婦まぼろし論、外国人参政権反対などのタカ派ぶりはつとに有名。そもそも養父の平沼騏一郎は総理時代に朝鮮人強制連行を始めた人間であり、まずは自分の尊敬するお養父様のしでかした「大日本帝国による朝鮮人拉致問題」を解決・謝罪した上で大きな口を叩きましょうね。尊敬するお養父様の拉致した朝鮮人の数は5人や8人じゃきかない、100万単位なんだから。 笑)
 
 みんなの党
江口克彦 (非世襲。旧松下電器出身でPHP総研にいた人間で、要するに政経塾と同じ「松下閥」の人間。「武士道協会」といういかにもアナクロなNPOの副理事長を務めるなど、目新しいクリーンそうなイメージと裏腹にえらい古臭い体質の持ち主。みんなの党は洗練されたイメージと裏腹に、実態はこんなのばっかり)
 
以上、靖国議員の世襲調査結果でした。で、統計を取ると…
 
民主18のうち世襲8
自民33のうち世襲19
たちあがれ1のうち世襲1
みんな1のうち世襲0
全部で53のうち、28人の議員が世襲
 
という結果が出ました。超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」というアナクロ極まりないアジア侵略礼賛議員集団の中の過半数、何と52.8%という高率で世襲議員であった事が判明しました。しかも「東アジアの某独裁国家」と同じ3代世襲、あるいはそれを超える4代世襲なんてのも何人かいましたね。これは発展途上の独裁国家の話ではありません。「民主主義国家」である現代の日本のお話しですよ。

この連中がアジア諸国との関係をどれだけ悪化させて、地域の平和を乱す元凶になっているかは計り知れないものがあります。
 
石丸次郎はもちろんですが、いわゆる「反北朝鮮派」に属する人で、この靖国参拝議員達が世襲だらけである事に意見表明したものを寡聞にして知りません。どなたか教えて下さい(笑)。
 
PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア