忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 朝鮮・韓国 조선·한국 > 沈黙が金の時もある

沈黙が金の時もある

日本人の左派やリベラルといわれる人達の中には今回の紛争で北朝鮮だけを一方的に非難(それにいたる事件経過や歴史的・社会的背景を無視して)しながら、その一方で朝鮮高校無償化手続き停止に反対するという、矛盾した事を言う者が少なくありません。石丸次郎のような人間は論外として、ネット上で「比較的まっとうな人気政治ブログ」とされている所でもそうした意見が見られます。しかしながら、そのような事を言ってしまうのは、当人が朝鮮半島問題・在日朝鮮人問題についてよく分かっていないからでしょう。この手の人達は分かっていないのに「北朝鮮非難」と「在日の擁護」という今風の左派のトレンド的思考(?)でとりあえず意見表明してみたという事ではないでしょうか。この二つを同時に掲げておけばとりあえず、右からも左からも強く非難・攻撃される恐れがない「安全」な落し所ですから。しかしながら紛争にいたる経過(北朝鮮側が何度も軍事演習の中止を要請しながら、韓国側はそれに対する協議や軍事会談に応じるどころか徹底無視してきたなど)に目を向けず「誰が何と言おうが許してはならない蛮行」「カビの生えたような前時代的な左翼の言論には断じて与しない」という言い方をする事自体がすでに、北朝鮮に対する好戦論者や民族差別主義者のレトリックにはまってしまっている証左に他なりません(上の例に挙げたブログは、管理者がむやみやたらと自分の所はアクセス数がこんなにたくさんあるんだ、どうだすごいだろう、と天狗になってエラソーにしているのであまり好きになれません。たまたま検索で目に付いたら上記のような事が書いてありました)。当人は「カビの生えたような前時代的な左翼の言論には断じて与しない」つもりでいるのでしょうが、朝鮮半島問題・情勢について無知なばかりに、かえって「カビの生えたような前時代的な右翼の言論」に与する結果に陥いるという喜劇になってしまっているのです。
 
この問題については別の機会に詳しく述べたいと思いますが、今の日本でははっきり言って北朝鮮や総連組織を批判出来る環境がそもそもないのです。今の日本の情勢では北朝鮮の現政権に対するどんなにまっとうな批判であれ、何を言っても好戦論者・レイシスト勢力に悪用される結果にしかなりません(在日が不用意に発言しようものならまさに危険。そういう在日側の発言を悪用すべく虎視眈々と狙っている者がマスコミには山のようにいます。この事は日本人には話してもなかなか分かってもらえないのですが)。多くの在日朝鮮人や左派の中でもごく一部の日本人がそうした問題に沈黙しているのは「北朝鮮の人権問題に無関心」だからではなく、日本の状況を悪化させる結果にしかならないので、已む無く発言を控えざるを得ないからなのだという事を知っておいて下さい。
 
日本人の中で「在日朝鮮人の権利を擁護すべき」と思っている方がいるのは誠に結構な事です。が、その一方で朝鮮半島問題や在日朝鮮人問題の事を根本的によく分かっていないのであれば、薮蛇になるので逆に何も発言しない方がこちらにとってはありがたい場合もあるのです(特に北朝鮮に対する発言はより慎重にならねばなりません)。今回の紛争にかこつけて「北朝鮮非難」と「在日の擁護」を一緒にやってしまうのはまさにその典型例に他なりません。
 
PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 10 11 12 15
16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア