忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 漫画 > 昔、竹熊健太郎が「サルまん」でやってたネタが現実化した

昔、竹熊健太郎が「サルまん」でやってたネタが現実化した

昔ビッグコミックスピリッツで連載して話題になった「サルでもかけるマンガ教室」(サルまん)で、世の中のメディアを何でもかんでも漫画にするというネタの回があった。そこで徴兵の赤紙も萌え系美少女の絵で「お願い、国を守って」とやれば、それを読んだ者が感化されて喜んで兵隊に行ってしまうというネタだった。当時はただのギャグとして読んでいたのだが、今にしてみるとかなりシャレになっていない。いや、シャレにならないほどその間に日本という国がひどくなったと言うべきか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130820-00000111-san-ent
「ガルパン」牽引 アニメで脚光 戦車、異例の人気

美少女が戦車戦するというアニメのおかげで、自衛隊の演習見学者が激増しているという。これぞまさにサルまんでやっていた「萌え系赤紙効果」とでも言うべきだろう。「ガールズ&パンツァー(ガルパン)」というアニメはまさに現代の「赤紙」なのである。もちろんこれを見て自衛隊の見学に行くようになった連中全てが自衛隊に入隊する訳ではないだろう。だが、現実の戦争の悲惨さや兵器産業の恐ろしさを分からなくさせる効果は十分過ぎるほど発揮している。
上記記事では自衛隊の広報室長が隠しもせずに堂々と言っているではないか。

自衛隊と防衛産業は車の両輪。実際に見て聞いて触れて、どんな装備で日本を守るか感じてもらえれば」

一昔前ならば、自衛隊員がこんな事を言ったら大問題になっただろう。「防衛産業」などと言っているが、要は「死の商人」である。いや、今は「死の商人」という言葉すら死語と化して久しいのかもしれない。広瀬隆によれば、自分とこに原発の取材に来た若い記者が「死の灰」という言葉の意味を知らなかった事に仰天したという。「死の商人」も「死の灰」もすでに「古語」となって、意味を知る者は絶滅危惧種になったのだろうか。
いや、自衛隊と三菱重工はじめとする軍需産業の癒着は昔からあったが、それでも以前は世間の目を気にしてもう少しこっそりしていたものだ。それが今ではここまで軍人があからさまに軍需産業=死の商人を激賛するほど公然としており、日本の再軍備と軍拡化は順調に進んで、国民にも受け入れられているという好例だろう。連中にしてみればまさに「ガルパン」様々である。
今の日本では大衆娯楽、とりわけアニメや漫画がそれらの宣伝役を担う姿が恐ろしく露骨になった。今回の「ガルパン」や「名探偵コナン 絶海の探偵」は典型例であるし、日本アニメ界の巨匠こと宮崎駿のゼロ戦礼賛アニメも大ヒット上映中だ。ゼロ戦の三菱重工は日本最大の原発メーカーにして軍需産業である。
日本では軍人と死の商人と大衆娯楽メディアの3者がすでに一体化して活動しているのだ。「軍産娯複合体」体制とでも言うべきだろうか。いわばアメリカのハリウッド映画がやってる事(トム・クルーズとかキャスリン・ビグローとか。最近はあのマイケル・ムーアも転向してそうなったらしいが)を、日本でも遅ればせながらアニメ界が担うようになった訳である。
「はだしのゲン」のような作品は閲覧が制限され、「ガルパン」や「名探偵コナン」や宮崎アニメは「国策」として国や大企業によって大いに見るのを奨励される時代だ。作品の舞台になった田舎町も便乗して一山当てようと、それに一枚噛んで醜態を晒す。ちなみに「富士総合火力演習」がとんでもない自然破壊をこれまで引き起こし続けており、富士山が世界遺産になってもそれが続いている事ぐらいは念頭に置いておくべきだろう。

日本の軍拡化や改憲を推進するのに、こういう底辺の大衆をとろけさせて誑し込む作品やメディアほど効果的なものはあるまい。戦争や兵器や軍拡化の恐ろしさを美少女キャラという糖衣で包み込む手法は本当に注意が必要である。中でも「艦隊これくしょん」は最悪な例だ。
日本の漫画・アニメオタクの中にはこうしたコンテンツをビジネスとして世界に発信したりするのを、「国益」「国防論」として奨励する愚かな者が少なくなかった。特に漫画やゲームなどの表現規制に反対する、どちらかというと左がかった者にそういう「国益論的メディア利用論」傾向が強かったのだが、今にしてみるとそれらの主張は何と恐ろしいものであったろうか。今や最悪の形でそれは実行されているのである。この手の良識ぶった「反表現規制左派オタク」の発言には「日本のコンテンツは世界一だ」という思い上がりと、中国や朝鮮半島など他アジア諸国への蔑視観が露骨に表れており、今の反原連やしばき隊に通低するものがある。

韓国では1980年代まで児童洗脳用の反共アニメが大量に制作・放映された。それらを見て育った人々は今でも北や共産主義に対するトラウマに囚われ、韓国社会の民主主義や南北平和統一のガンになっている。今でも韓国では「アカ」「従北」と言われる事に多くの人が潜在的恐怖感を持つ。当時の韓国反共アニメの作品としての出来自体は今見ても大した事はないが、及ぼした悪影響は計り知れない。今の日本はそれをもっとスマートなやり方で効果的に実行しており、当然及ぼす悪影響も韓国のそれよりはるかに大きなものとなるのは間違いないだろう。今の日本人達はそれにほとんど自覚がないようだが…。
 

PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア