忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 未選択 > 朴槿恵の弾劾可決自体はもはや大した意味がない

朴槿恵の弾劾可決自体はもはや大した意味がない

韓国憲法裁判所で朴槿恵の弾劾審判が下るのは3月10日と決まった。しかしながら朴槿恵の弾劾が認定されようがまいが、アメリカ(日本もだが)の立場からすればほとんど関係がない。韓国の次期大統領候補とされる有力政治家の多くは民主党の文在寅をはじめとしてTHAADの配備に賛成しており、今まで通りの「韓米日軍事同盟体制」にいささかの揺らぎもないからだ。アメリカからすれば朴槿恵の去就などすでに問題ではなく、例え旧セヌリ党系列の極右候補から民主党・国民の党のいずれの候補が次期大統領になろうとも、THAADの配備は規定路線である。トランプ政権が発足後に日本と韓国へ押し付けているのは従来言われてきた「駐留米軍費用増額」などという甘っちょろいものではなく、それをさらにレベルアップした「日韓の軍事費増額」であり、軍事費増額してアメリカの武器(ただしアメリカ本土ではすでに使い道のなくなったポンコツ。すでに時代遅れのTHAADももちろんこの中に入る)をもっと買え、というさらなる搾取なのだ。
朴槿恵が弾劾されようがまいが、韓国の前途は地獄でしかないというのが現実である。100万キャンドルとは一体何であったのか、という視点から見直さねばなるまい。「キャンドルデモに100万人集まった! やっぱり韓国の民主主義は素晴らしい! 在日も韓国の次期大統領選挙に積極的に関わるべきだ」という軽はずみな言動にはもう少し考える必要がある。軽挙妄動していては「韓国リベラルの大勢(ハンギョレや京郷新聞的な)」に乗っかって文在寅か安哲秀(いずれもTHAAD支持にして強烈な反北主義者、日韓慰安婦合意にも賛成か消極的反対)を盲目的に応援するという最悪の結果しか生み出せないであろう。それならば「沈黙の棄権」を行使して本国の旧セヌリ党系から民主党・国民の党にいたる崇米親日勢力への抗議を貫いた方がはるかにましというものではないか。

韓国の現状は酷いよ。およそ民主主義などどこにも見当たらないほど酷いよ。日本の辺野古や高江や入管の収容所やホームレスを締め出した渋谷の公園や塚本幼稚園(笑)と寸分違わない事が全国規模現在進行形で繰り広げられているから。まさに東アジアにそそり立つ「男らしい」極右国家日本と韓国がますます理性を失って地獄へ直進行するのが2017年という年であろう。


※ 色々書きたい事や翻訳して御紹介したい記事などはたくさんあるのですが、個人的に最近忙しくて更新出来ませんでした。ペースは遅くなりますが、可能な限りまた文章を書いていきたいと思います。


PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 12
14 15 16 17 18 19 20
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア