忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 日本鬼的軍国主義 왜놈군국주의 > 韓国の桜ってさぁ

韓国の桜ってさぁ

モロに日本鬼的軍国主義の象徴なんだよね。本来ならば。それを何トチ狂ったのか、聯合ニュースがたわけた記事を載せている。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2017/04/03/0400000000AJP20170403001800882.HTML
韓国人も愛する桜 否定的なイメージから春の代名詞に
2017/04/03 11:48

これを書いた記者が何者か知らないが、「韓国人も愛する桜」とかあまりにふざけているしクソたわけた発言であろう。一方で今の韓国で「花見が文化的楽しみの一つとして受け入れられ、わだかまりなく楽しまれている」「単純に美しい花というだけでなく、舞い散るイメージ、ときめき、愛のイメージを呼び起こすため」「日本の桜を見るために旅行する韓国人が多い」というのは、桜と日帝植民地統治の歴史的関連性を多くの現代韓国人達が忘れ去っている事を意味する。朝鮮半島本国でありながら、南朝鮮の日本への同化ぶりは恐ろしい水準に達していて嘆かわしい限りだ。何しろ保守派の朝鮮・中央・東亜日報から進歩派のハンギョレに至るまで「テンノーヘーカ激ラブ」なお国ですから。大韓民国って。そんな報道機関が教育勅語を批判しても何の説得力もないし、何の考えもなしに平然と桜の花見に嬉々として行ける者どもが自国の腐れ役人から「犬や豚のごとき愚民」と見下されても何の反論も出来まい。

日帝に限らずどこの帝国主義国家もそうだが、侵略先の国の文化や自然環境・生態系を平気でぶち壊す。ビクトリア湖のナイルパーチは有名であるし、商業作物を大量に植えて地元民が伝統的に食べて来た作物を絶滅に追いやる例は数え切れない。日帝も朝鮮半島で虎をほぼ絶滅させ、犬の中にも毛皮を取る為に絶滅させられた朝鮮固有種がいくつもいる。当然日帝時代には朝鮮半島の様々な場所に桜が植えられた。朝鮮半島に従来あった花や樹木を駆逐して文化を破壊し、「テンノーヘーカの為に桜のように散れ」という皇民化教育の為に。このように植民地統治において文化・自然環境破壊が行われるのは、経済的収奪と政治的目的の為に必ず付随すると言って良い。植民地朝鮮における桜はまさにその象徴であり、多くの民衆から目障りに思われてきた。結果、1945年8.15解放後に朝鮮半島の桜は怒った民衆の手によってほぼ全てが切り倒されて消滅したのである。

ではなぜそんな桜が今の韓国には大量にあるのか? ある人間の手によって再度大量に植樹されたからである。南朝鮮に再び大量の桜を植えた者、その者に名前を尋ねると元日本軍将校・高木正雄こと朴正熙と答えた…。

そう、今の中央日報やハンギョレなど(笑)よりもはるかに金筋入りの親日派だった朴正熙は1961年の5.16クーデターで政権を強奪するや、日本軍時代の郷愁丸出しで全土に桜を植え始めたのである。怒った民衆がせっかく根絶した日本鬼的軍国主義の象徴を、この親日独裁者が復活させた。日本からわざわざ苗木まで取り寄せて。全く何という事をしてくれたのか! 
言わば韓国において桜は日本鬼的軍国主義の象徴であると同時に「朴正熙の花」でもあるのだ。朴正熙は側近の部下に撃たれて非命横死し、その娘も大統領職を剥奪されて今や惨めな刑事被告人へと転落した。今の韓国ほど朴正熙・朴槿恵の弊害を清算する事が求められている時間と空間はない。そのような時期に上記聯合ニュースのような記事が載るというのはどれだけとんでもない事か! 単なる歴史的無知では済まされない暴論である。

民衆が切り倒して薪にしてしまった桜が親日独裁者によって復活し、時が過ぎて植民地時代も独裁時代も忘れ去った今の民衆がそれを何の考えもなしに花見をして楽しむ。
これが南朝鮮のお寒い現状である。これが果たして日帝から解放された国なのか、どこら辺が「反日国家」なのか、2代目独裁者を本当に民衆の手で倒した(?)ばかりの国なのかと疑わしくなるではないか。

では北の朝鮮民主主義人民共和国の「桜事情」はどうなのか。
もちろん8.15解放後に朝鮮半島全域で桜は消滅した。で、朝鮮共和国では桜を切り倒したり引き抜いた跡に別の木、杏や桃や梨の木を植えたという(杏が一番多い)。なので朝鮮共和国でも春になると公園や街路樹に花が満開するが、それらはみな杏・桃・梨などである。たまに外国人観光客がそれらを桜だと言う事があるが、それは似ているので間違えたのであろう。朝鮮共和国の人々に南で桜を意味する「벛꽃 ポッコッ」という単語を聞いてもほとんどの人は知らない。逆に日本語で「サクラ」と言うと「ああ、ウェノム(왜놈 日本鬼子の意)どもの花か」と言われる。南のように桜を「単純に美しい花というだけでなく、舞い散るイメージ、ときめき、愛のイメージを呼び起こすため」などと考えるなど、朝鮮共和国では考えられない事だ。

8.15後に北では親日清算が行われた反面、南では親日派がほぼ無罪放免されたという歴史が、桜の木をめぐるエピソードにも表れている。韓国で「花と木の親日・独裁清算」が再び行われる日はいつになる事やら。

花見と朴槿恵逮捕のシーズンに、聯合ニュースの愚劣極まりない記事を読んでそんな事を思った。
PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
2 3 4 5
6 7 9 10 11 12
13 14 15 16 17 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フリーエリア