忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > アジアプレス&石丸次郎伝説 > アジアプレスの「北朝鮮社会を蝕む覚醒剤」報道は何と1年前のリサイクル記事

アジアプレスの「北朝鮮社会を蝕む覚醒剤」報道は何と1年前のリサイクル記事

「貧すれば鈍す」という言葉は確かに人間社会において鋭い真実を言い当てた言葉だと思う。この場合の「貧している者」とは他ならぬアジアプレスと石丸次郎の事だ。石丸が自身のツイッターでしきりに宣伝している例の「北朝鮮社会を蝕む覚醒剤」という記事について、内容の真偽以前の問題として突っ込んでおきたい事があるので記しておく。
石丸とアジアプレスはこの記事を「新連載」と称して、あたかも現地でたった今取材したばかりの速報であるかのように言っている。

https://twitter.com/ishimarujiro/status/375450490890231808
大変深刻な北朝鮮社会の覚せい剤汚染。 新連載です。「北朝鮮社会を蝕む覚醒剤=「オルム」の流行」 1 - Y!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130905-00010001-asiapk-kr
2013年9月4日 - 19:49

https://twitter.com/ishimarujiro/status/375895288851886080
もう、それは驚くほどの定着振りです。北朝鮮の覚せい剤。怖いのは、罪の意識が薄いことと、中毒性がないという説が流布していること。私の北内部の協力者も手を染めたので、なくなく切ることになりました。詳しい事情は、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130906-00010000-asiapk-kr
2013年9月6日 - 1:16

なるほど。北朝鮮という国にはそんなに麻薬が横行するとんでもない状態なのですか。その深刻な内情をアジアプレスと石丸は例によって「内部協力者」にレポートさせ、それを大々的に「新連載」させたと。アジアプレスと石丸はそのように主張したい訳ですね。しかも以下のようにその記事を期間限定で無料配信するという事は、それだけこの記事を自社サイトの有料会員募集の為の目玉記事とみなしているという事でしょう。

https://twitter.com/API_official/status/379210090693160960
#北朝鮮 社会を蝕む覚醒剤、「オルム」とは? 連載4回目を公開。 詳細はYahooニュースで、9月30日まで無料。http://p.tl/GfQE
2013年9月15日 - 4:48

いやあ、さすがはアジアプレス。日本社会に知られざる「北朝鮮社会の真相」を知らしめ、これぞジャーナリズムの真骨頂というものを我々の前で体現してくれているのでしょう! 素晴らしいジャーナリスト魂にして気概ではありませんか!

…ホメ殺しはこれくらいにしておいて本題に入ろう。
ここで問題にしておきたいのは、石丸らはこの「北朝鮮社会を蝕む覚醒剤」記事とやらを「新連載」の目玉記事として宣伝しまくり、あたかも「たった今取材してきたばかりの最新情報」と受け取られかねないような言い方をしているが、それは本当なのか?という事だ。結論から言うとこれはかなり問題のあるやり方で、もしこれが食品などであれば「偽装・不当表示」と言われても仕方がないだろう。以下の記事を御覧いただきたい。

http://www.asiapress.org/apn/archives/2012/10/19122925.php
<림진강>생활에 뿌리박은 각성제, '얼음' 上
訳:「リムジンガン」生活に根を下ろした覚醒剤「オルム」上(韓国語記事)
2012年10月19日 12:29

これはアジアプレスのホームページで無料公開されている韓国語の記事だ。アジアプレスの北朝鮮関連記事は日本語と韓国語の両方で配信されており、理由は不明だがなぜか韓国語版は無料で日本語版は有料会員にならないと読めないようになっている。最近財政ピンチ(?)で振り込め詐欺まがいのカンパを集めている某NK(笑)と同じ手口だ。で、上記記事は御覧の通り2012年10月19日、つまり約1年前に発表されたものである。題名には「上」とあるが「下」の回が発表された形跡はなく、アジアプレスホームページのどこにも見当たらなかった。つまり1年ほど前に書きかけのまま放置されて忘れられた記事なのだろう。が、しかし…。
筆者がこれを読んで呆れたのは、記事の内容が例の「新連載記事」である「北朝鮮社会を蝕む覚醒剤=「オルム」の流行」と全く同じだったという事だ。つまりアジアプレスと石丸が「新連載」として必死に宣伝しまくっている記事は、何と1年も前に自社サイトで発表した古い記事を翻訳しただけの使い回しリサイクルだったのである。しかも書きかけのまま中断された半端記事を! いや、別に連載・執筆が中断した記事を後になって再開するというのは、別におかしくないし、よくある話だ。でもその場合は「過去に韓国語で発表した続き、連載再開記事です」と断らなければならないだろう。それが出版や報道を生業とするものの常識ではないのか。ところがアジアプレスと石丸はそんな事を一言も言わず、あたかも初出と誤解を受けるような「新連載」としか言わない。1年も前に中断されて忘れられた記事を! これを見た何も知らない読者が「取材してきたばかりの最新記事」と誤解する恐れは十分にあるだろう。まさに「賞味期限偽装・不当表示」としか言いようがない姑息でセコイ手口であり、これが食品メーカーだったら今頃会社が潰れている。それだけの事をアジアプレスは仕出かしたのである。

過去に別の言語で発表した自社記事をこっそり訳して、何の説明もなしにあたかも取材したばかりの「新連載」のように発表するとか、普通の新聞社や出版社がやったら担当の記者や編集者は飛ばされるんじゃないの? へえ、アジアプレスってそういう事が許されてる会社なんだ。たぶん韓国語で発表された記事だから、日本ではバレないとでも思ったのだろう。実に人を馬鹿にした話ではないか。こんな記事を有料会員になって読む事ほど馬鹿げた話はない。上記韓国語の奴を機械翻訳で読めば十分だ。もし気になる方はそれで内容を確認するのが良いだろう。その程度の内容であり、いつも通りの「アジアプレスクオリティ」な支離滅裂捏造報道である。

捏造報道ではまだ飽き足らず、さらにこんな「賞味期限偽装・不当表示」を平然とやってのける詐欺師の登壇する「ジャーナリズムフェスタ」って何? 

https://twitter.com/ishimarujiro/status/378534316617125888
ジャーナリズムフェスタのための大規模な学生及び現役記者意識調査します。その費用カンパをクラウドファンデイングで募っています。ただいまからスタート!是非ご協力ください。https://motion-gallery.net/projects/iAsia-after10
2013年9月13日 - 8:03

https://twitter.com/ishimarujiro/status/379240573363712000
ジャーナリズムフェスタへのカンパを是非よろしくお願いします10年後メディア・報道は生き残れるか?現役記者&学生への直撃調査 -MotionGallery(モーションギャラリー)- クラウドファンディング https://motion-gallery.net/  @motiongallery
2013年9月15日 - 6:49

あんだけひどい詐欺みたいな事をやっておいてカンパ寄越せって、アジアプレスはどんだけ金の亡者なのか。そんなに金が要るなら自腹切れと言いたい。北朝鮮の捏造報道で儲けた金を吐き出せと言っているのだ。自腹を切るのを徹底して嫌がってこういう「振り込め詐欺まがい商法」に頼る辺り、某NKといいアジアプレスといい、こいつらグルなだけあって体質も恐ろしいほど酷似している。ちなみに上記ラウドファンディングの頁を見てみると、9月16日昼現在カンパ額はゼロだった(笑)。あんな見え透いた詐欺に引っ掛かる人がいない(少なくとも現時点では)のは不幸中の幸いであろう。

https://twitter.com/ishimarujiro/status/377061945393680384
世界に向けてウソをついた、と言われてもしかたがない。もう一回五輪プレゼンやり直して、「残念ながらブロックできていません」と言うたらどうか。<東電>汚染水、首相の「完全にブロック」発言を事実上否定(毎日新聞) 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130909-00000101-mai-soci
2013年9月9日 - 6:32

「世界に向けてウソをついた」のはアジアプレスと石丸次郎本人ではないか。「北朝鮮は飢饉で人肉食ってる」とか勝手な事を言いふらしておいて、国連の機関からあっさり嘘だと見破られた奴が、どの口で安倍の事を批判出来るのか。もう一回取材やり直して「残念ながら本当の事を報じていません」と謝罪したらどうか。この男の言う事はことごとくブーメランなのに、本人が気付いてないのが滑稽である。

https://twitter.com/ishimarujiro/status/377971864217194496
権力者に都合の悪い情報が世に晒されることを怖れ、それを暴いた者を罰したいという発想においては、オバマも安倍晋三も金正恩も一緒なのであります。
2013年9月11日 - 18:48

これも全部石丸自身の事だろう。自分に「都合の悪い情報が世に晒されることを怖れ、それを暴いた者を罰し」たがったのはどこの誰様だったのか。筆者に反論一つせずいきなり「告訴するぞ」と脅してきた奴がよくもこんな事を言えるものだ。


いずれにせよ、アジアプレスの「北朝鮮社会を蝕む覚醒剤」報道は約1年前に中断した半端記事を引っ張り出して、あたかも「新製品」のごとく「賞味期限偽装・不当表示」したに過ぎない事が明らかになった。これは記事内容の真偽以前に、報道を生業とする者の常識とモラルの問題だ。アジアプレスはあまりに常識とモラルがなさすぎで、報道機関としての資格はない。石丸次郎も野中章弘も即座に廃業すべきである。こんな連中に自分とこの雑誌で朝鮮半島関連の記事を書かせる週刊金曜日も本当に救い難い。

それでも「記事の内容が正しければ良いじゃないか」と反論される方がおられるかもしれない。それもまあ一理あるだろう。だが、アジアプレスの言う「北朝鮮で麻薬が蔓延」というのは本当に正しいのか? だってアジアプレスのやる事だぜ? 
それについてはまた次回の記事で詳しく述べたい。アジアプレスと石丸にとっては致命的な「北朝鮮社会の現実」というものがある…。

PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30

フリーエリア