忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 詐欺師列伝 사기꾼 렬전 > 尹健次ってひょっとして馬鹿? その1

尹健次ってひょっとして馬鹿? その1

と言っても、このような事は分かってる人間にはとうに分かっている事実だから、今さら筆者がこんな事を言っても何の驚きもないかもしれないが。まあ、馬鹿というか単なるボケた老害というか、金石範や梁石日や金時鐘(金時鐘という名の在日朝鮮人の著名人には詩人と民団系反共ファシストの同名異人が二人いるのだが、この場合はどちらでも可 笑)などと同じで、在日の一般大衆の人権や生活あるいは祖国の自主的平和統一などとはもはや何の関係もない(むしろ有害)粗大ゴミ知識人の一人というのがいい所であろう。それでも昔はもうちょっとマシな事を言っていたような気がしたのだが、今は…。

まず最近の尹健次について言うなら例の「抗路」とかいう雑誌の創刊だろう。これは執筆陣を見ただけで「救いようがねえ」の一言しか出て来ない。第1号からして辛淑玉とぱぎやんこと趙博(両人とも例のしばき隊内ゲバリンチ事件の隠蔽に加担して醜態を晒した!)の対談が載っており、早くも創刊第1号で終了のおしらせ確定と言っても良い凄絶なものであった。当の李信恵はもちろん梁英姫まで出てたよね…。おまけにぱぎやんは編集委員にもなってる訳だからなおさら救いようがない。2015年にもなってこんなクソとしか言いようのないメンバーでクソ拭き紙にもなりゃしない雑誌作って、今の尹健次というのは本当に限度を超した老害馬鹿に成り果てたのだなという事だけははっきりと分かった。
さらによく考えてみると辛淑玉、ぱぎやん、李信恵、梁英姫と来てこの連中の共通項とは? しばき隊野間一派のシンパであると同時に、アジアプレス&石丸次郎とも非常に近しい連中であるという事だ。実際に「抗路」第2号には石丸次郎の記事が載っているではないか! すでに何度も述べてきた通り、今まで北朝鮮報道で嘘ばかり垂れ流して、在日への差別や日朝関係の悪化と軍事的緊張を煽るだけ煽ってきた、日本の反北朝鮮勢力でも最悪のデマゴーグこそ石丸次郎という男である。そんなのを堂々と起用するとか、尹健次って馬鹿なの? 死ぬの? 創刊第1号で終了確定だったのが、第2号でさらにとどめを刺すような形になっている。第3号が果たして出るかどうか知らないが、出たらその誌面には間違いなく高英起や朴斗鎮やリ・ハナや朴裕河や野間易通や土井香苗達が登場している事でしょう。ま、アジアプレスやデイリーNKやしばき隊といった日韓の反北朝鮮勢力やエセ社会運動の御用誌としてのカラーがより濃厚に表れるだろうという事だ。もちろん雑誌が続けばの話だが…。尹健次も昔は朴裕河を批判していたが、今は果たしてどうなのかという気がする。まあ石丸次郎(言うまでもなく朴裕河を好意的に数え切れないほどリツイートするなど両者はベタベタの関係)を平然と起用するような現状ならたぶん…。

もう一つ、これは筆者から尹健次達への提案というか要望なのだが、もしこの雑誌が3号以降続くというならぜひ誌名を変えて欲しい。「抗路 ハンロ 항로」ではなく「媚路 ミロ 미로」というのはどうだ? 韓米日軍事帝国主義体制に媚びてその忠良な臣民として生きる、そんな21世紀の素敵な在日のライフスタイルを示していくのにこれほどぴったりの題名はないであろう。日帝時代の極悪親日派・玄永燮が著した「朝鮮人の進むべき道」21世紀版だ! 雑誌の誌名が「抗路」とか言ってるが、実際の中身は石丸次郎やしばき隊のシンパが乱舞して何にも「抗(あらが)」っていないばかりか、日本と韓国の反共帝国主義国家体制に「媚」びるようなメンツばっかりではないか! せめて名と体ぐらいは一致させろという事だ。ぜひそうして欲しい。

もっとも尹健次という男、石丸次郎一派の起用はもちろん、自著でも朝鮮共和国や総連組織に対してだけは「抗」するポーズを見せているので、そういう意味でだけは「抗路」と言えなくもないかもしれないが…。
在日が日本の論壇で売り込もうと思ったら最低限必ずやっておかねばならない「通過儀礼」がある。それは「反北朝鮮」を満天下にショーザフラッグしてみせなければならないという事だ!(笑) 尹健次はもちろんそれを自ら進んで喜んでやってみせている!

(続く)
PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 12
14 15 16 17 18 19 20
21 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア