忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 社会 > 魑魅魍魎東京都知事選

魑魅魍魎東京都知事選

自社店舗での度重なる食中毒事件。部下や新入社員に対するパワハラは数知れず。アルバイトへの残業代不払い続出。安倍政権時に政府の審議会に入ったりするなど露骨な政治権力志向を隠そうともしてこなかったワタミの会長ですが、とうとう自ら政治家への転身を考え始めたようです。

「ワタミ」渡辺会長、都知事選出馬に向け準備
http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/politics/20110209-567-OYT1T00105.html

前の参院選でコーヒー屋の社長を担ぐなど、みんなの党は出身母体である自民党以上にこうした「資本家」が好きなようですが、これは早い話、そうした政治好きな経営者に対する金の無心以上の意味はないでしょう。同じような例を我々は昔の自民党でもさんざん見て来たはずです。西武の堤康次郎、藤山財閥の藤山愛一郎などなど…。これらを題材にした小説や漫画は数知れませんが、堤をネタにしたものとしては牛次郎・原作、川本コオ漫画の「風雲の館」、藤山をネタにしたものとしては雁屋哲・原作、由起賢二(現・由起二賢)漫画の「野望の王国」(ただし藤山がモデルになったキャラが主人公ではない)などが挙げられるでしょう。藤山なんかは悲惨なもので、政治道楽のおかげで財産のことごとくを注ぎ込んだ挙げ句に念願の総理大臣にもなれませんでした。彼が使った政治資金の多くは岸信介(言うまでもなく安倍晋三の祖父)に食われたとも言われており、本業に徹してその儲けで政治家を「買収」した方が商売面でも政治面でもはるかに大きな利益を得られたのは明白でしょう。いやあ、残念残念。ワタミの会長も気を付けた方が良いという事を老婆心ながら忠告しておきます。別にワタミなんて糞まずい店がどうなろうと知ったこっちゃありませんが、せっかく築いた自分の財産が大事なら、政治家との付き合いはほどほどにね。何しろ最近の渡辺美樹は「カリスマ経営者」の領域を超えて、あたかも新興宗教の教祖みたいな様相を呈し始めていますから、あの手の政治ゴロに丸め込まれて食い物に一番され易い状態でしょう。

で、他にも都知事選の目玉候補者としてはそのまんま東とか色々言われてますが、やっぱりこの男は終身やるつもりのようです。

都知事選「父に出てほしい」 自民党の石原幹事長
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/snk20110208128.html

たぶん石原伸晃の思考では「名古屋や愛知県は悪い独裁、自分の親父は良い独裁」という事なのでしょう。
そう言えば北朝鮮の権力世襲をあれだけ非難しまくってた石丸次郎は石原家の世襲と都政私物化をどう述べるつもりなのでしょうねえ。この文を書いている時点ではまだ石丸のツイッターにもそれらしい書き込みがありません。石丸は北朝鮮ばかりか大阪や愛知の件でもさんざん批判していたのに、なぜ東京だけは? 「北朝鮮の世襲は悪い世襲、日本の政治家の世襲は良い世襲」というのが石丸次郎の俺様理論なのでしょう。多分、石丸はエジプトのムバラクの時と同じで石原に対してはスルーを貫く可能性が高いと思います。
それと石丸が最近妙に佐高信(この人はそういや、渡辺美樹の事を今までさんざん持ち上げてましたね…)の事を褒めているようです。

http://twitter.com/ishimarujiro/status/34549754453037056
今週のサンデー毎日に「在日スポーツ選手の活躍と国籍」という拙稿を書いています。その横に、佐高信さんの、詩人茨木のり子をチクリと刺す一文。「倚りかからず」に民衆は生きていけないという、金曜日の読者投稿を引用。佐高さんは一味違う。さすが。

石丸は最近金曜日でも執筆する機会が増えているせいもあって、それでおべんちゃらを言っている部分もあるでしょう。和田春樹らが同誌上でちょっとでも北朝鮮を褒めると、それに狂ったように噛み付いた一件は失笑モノでした。他人の異論は一切認めない石丸の性格は、今時珍しいほどのスターリンぶりです。これでもジャーナリストか。ただ、石丸が金曜日首脳との関係を深めて食い込めば、そのうち石丸次郎と佐藤優が表立って堂々と反北朝鮮タッグを組むという展開も出て来るかもしれません。今の所は両者に表立った連携は見られませんけれど。週刊金曜日とアジアプレスの腐敗、ここに極まれり。

さて、渡辺、東、石原と主な魑魅魍魎候補者が出揃いつつある都知事選ですが、もう一人の魑魅魍魎がどう出るかはちょっと気掛かりと言えば気掛かりです。あの有名な在日の学者がね…。まあ、学者として堕落したとは言えそれなりに頭の回転は速いから、彼は勝算がなければ身を潜めるでしょう。それで次の機会を待つと思います。まだまだ、彼には時間はあるでしょうし。彼が政治家になったとて、決して一般の在日朝鮮人にとって良い事などありはしないのですが…。
 

PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア