忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 社会 > 潘基文はとっととニューヨークに帰れ

潘基文はとっととニューヨークに帰れ

この男がどのツラ下げて長崎に来たのでしょう。
 
 
以前にも書きましたが、現国連事務総長・潘基文という男は大地震に見舞われたハイチに対する米軍&米国企業の軍事・経済侵略を後押しし、先の韓国哨戒艦沈没事件ではこれを真っ先に北朝鮮の仕業扱いして無用な軍事的緊張を煽り立てた札付きの人物です。世界平和どころか第3世界諸国に喧嘩を売って紛争を起こそうと骨折ってばかりではありませんか。それでも哨戒艦沈没事件では韓国の提出した証拠類があまりにいい加減でずさんであった事から、安保理の議長声明(法的拘束力なし)では北朝鮮に対する名指し批判が入らず、それどころか「今回の事件と関連がないと主張する北朝鮮の反応、そしてその他関連国の反応に留意する」という文言まで入れる事になって、李明博政権や潘基文の思惑は完全にスカを食らうという結果になりましたが。
そんな人間が「世界平和のために参りました」? この男のこれまでの行いからは想像も出来ない言葉であり、どの口からそんな言葉が飛び出すのでしょう。
今回の潘基文来日は飽くまでも日本人の顔色をうかがってのものでしかなく、本心から核廃絶・世界平和の為に来たのではない、偽善に満ちたものでしかありません。「このような惨禍をなくす唯一確実な方法は(核兵器を)すべて廃絶すること。核兵器のない世界へ皆さんと共に歩みましょう」という彼のセリフも、反核・平和主義者であるかないかを問わず(これすごく重要)多くの日本人の歓心を買うのに成功した事でしょう。
国連事務総長の長崎訪問は初めて。しかもその初訪問した事務総長が韓国人であるという事が一体どのような影響を及ぼすのかを考えねばなりません。
かつての日本が残忍かつ無謀な侵略戦争・帝国主義戦争を始めた挙げ句の果てに原爆投下を招いたという歴史的経過。そしてその原爆には当時植民地支配下にあった朝鮮人も大勢犠牲になり、日本はその補償もまともにやってません。そこへ韓国人である国連事務総長が「強い確信と信念を持って立ち向かえば、核兵器のない世界を実現できる」という何ら具体性のない観念論メッセージを発表する。これは植民地支配に対する補償はおろか、日本側に何の反省もないまま「日韓併合100周年」で「和解」しようとする日韓の縮図そのものでしょう。

今回の訪日で潘基文はとりあえず韓国人被爆者とも面会し、朝鮮人犠牲者追悼碑にも献花をしたようです。
国連事務総長:長崎で核廃絶訴え 被爆者と対話
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20100805k0000e040006000c.html?inb=yt
<国連事務総長>84歳在日韓国人被爆者、初対話に感激
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100805-00000038-mai-soci

その上で「核兵器廃絶に一生懸命取り組む」とも言ったそうです。
ではその「核兵器廃絶に一生懸命取り組む」という発言と、北朝鮮とは対話をする素振りがまるでなく対立ばかりを煽り立ててきた自身の行動がどうして両立するのでしょうか。
 
韓国の国連事務総長が核廃絶に対して、何らの具体論もなければ、実際の核保有大国への名指し批判もない観念的メッセージを発して、それが何の役に立ちましょう。それどころかアメリカやイスラエルのような核大国の標的にされている国々にとっては極めて有害でしかありません。アメリカによるアフガニスタン・イラク侵略以降、アメリカやイスラエルの軍事的脅威に晒されている国々にとっては国連安保理の決議に違反してでも大量破壊兵器を持たねば自国とその国民を守れなくなってしまったのが悲しい現状です。そうした現状を無視して「核兵器のない世界へ皆さんと共に歩みましょう」などとは冗談にしても悪質すぎる。今時こんな反核メッセージは日本の広島や長崎でしか通用しないという事に多くの人が気付く必要があります。アメリカやイスラエルの軍事的圧迫を受けている北朝鮮や中東、南米諸国でこんな事を言おうものなら「それはまずアメリカとイスラエルに言えや」と石や靴を投げ付けられるのがオチでしょう。
潘基文と彼に阿諛追従されて上機嫌になっている日本の反核運動など、今となっては「先進国の上から目線反核論」でしかなく、第3世界にとっては有害無益でしかなくなったと言って良いでしょう。
もちろん今回の潘基文訪日がアメリカをはじめとする核保有大国に対しては何らの効果も圧迫ももたらさず、それどころか口先で「核廃絶」を訴えておきながらその一方ではイラクやアフガニスタンで劣化ウラン弾(これも立派な核兵器の一種です!)などを大量使用して同国民を虐殺し続けているバラク・オバマのような偽善者を増長させる結果になるはずです。しかしながら、この事務総長殿の同胞である北朝鮮に対しては大変な圧力・挑発的効果を持つ事は明白でありましょう。今現在核の脅威に晒されている国を貶める為に、反核平和の素振りをして同胞の被爆者までも悪用する潘基文という男は、現在のボスである李明博と並んでどこまで陰険毒辣な外道なのかと思います。
 
現在の国連事務総長が本当に「世界平和のために」行くならば、日本の被爆地である広島・長崎よりももっと優先すべき場所があるはずです。潘基文はまず何よりも、核兵器(この場合劣化ウラン弾)が実戦使用された最も新しい戦場たるイラクやアフガニスタンに行くべきでした。そこの劣化ウラン弾被爆者をいたわり、加害者たるアメリカを批判すべきだったのです。あるいは当初の公約通りに、北朝鮮へ行って金正日と直接会って来る事です。もちろん潘基文のような人間にそれを望む事は土台無理な話でしかありませんが。
 
国連の事務総長というのは80年代のデクエヤル(ペルー)の辺りから第3世界諸国から選ばれるようになりましたが、実際にそれらの連中はどいつもこいつも自国では上流階級のエリートであったり旧宗主国・先進国寄りの代理人的立場に立つ、母国の一般大衆の権利や利益とは程遠い人間ばかりでした。中でも最悪の例だったのがデクエヤルの後任として90年代前半に在任し、世界中の紛争地域にPKOを送り込んでは欧米の軍需産業や植民地主義者を大いに喜ばせたエジプトのブトロス・ブトロス=ガリだったと思います。エジプトは言うまでもなくイスラム圏の国ですが、ガリの家はコプト教徒というキリスト教系で、これらはイギリスの保護国だった王制時代のエジプトでは上流階級の宗教でした。ガリの祖父ブトロス・ガリはその王制時代に首相を務めてエジプト国民を苦しめたばかりか、イギリスの手先になって周辺諸国の侵略に手を貸して大いに恨まれた人物でもあります。ガリが事務総長時代にソマリアを訪問したのですが、その時に地元民達の大規模な抗議デモに取り囲まれてほうほうの体で逃げ帰った事がありました。ソマリアの現地人達は、ガリの祖父がかつてイギリスの手先になってソマリアに何をしたか決して忘れてはいなかったのです。早い話、ブトロス・ブトロス=ガリの祖父というのは「エジプトの李完用」とも言うべき存在でした。旧植民地で、独立後も旧宗主国に媚を売る人間というのはどこにでもいるものですが、ガリはまさにその典型的人物だったと言えるでしょう。そして彼はその「期待」に見事応えてPKOを紛争地域に派遣しまくる事で、その職務を務め上げたのです。例の「自衛隊を丸腰で派兵して世界平和を」の伊勢崎教授などは、まさにそのおこぼれに与ろうと集まって来た有象無象のザコ手配師の一人と言って良いでしょう。そしてそんなザコを集会に呼んでありがたがっている日本の平和運動や9条の会というのは一体何なのでしょうか。
 
潘基文という男、前々任者のガリと同じ道を歩み始めて久しいようです。ガリが「エジプトの李完用」の孫であるならば、潘基文が後世に「本家李完用の生まれ変わり」と評価を受けるのは間違いない事でしょう。「太陽政策の外相」などよりも、その方がこの男には全く相応しいと思います。
PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 10 11 12 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア