忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 日韓2013年体制 > 日韓(悪い部分ばかり)仲良くしようぜ~水産市場篇

日韓(悪い部分ばかり)仲良くしようぜ~水産市場篇

築地市場の豊洲移転が迫っているという。先の都知事選の結果でこれはさらに加速され、反対派への圧力はさらに強まる事だろう。全く見ていてやりきれねえの一言だ。豊洲市場は土壌汚染や高額な家賃といった問題の他に建物自体がとんでもない欠陥だらけである事も次々に明らかになっており、こんな所へ移転したら商売どころか間違いなく大事故による大惨事が起こるであろう。それも多数の死傷者を出して。このリアルにスリル満点な豊洲市場建物の問題については建築家である森山高至氏のブログに詳しい。

『築地市場の豊洲移転が不可能な理由』

連載1:http://ameblo.jp/mori-arch-econo/entry-12175575070.html
連載2:http://ameblo.jp/mori-arch-econo/entry-12176233153.html
連載3:http://ameblo.jp/mori-arch-econo/entry-12177304039.html
連載4:http://ameblo.jp/mori-arch-econo/entry-12177861238.html
連載5:http://ameblo.jp/mori-arch-econo/entry-12179682327.html
連載6:http://ameblo.jp/mori-arch-econo/entry-12180173429.html
連載7:http://ameblo.jp/mori-arch-econo/entry-12181179050.html
連載8:http://ameblo.jp/mori-arch-econo/entry-12181631290.html
連載9:http://s.ameblo.jp/mori-arch-econo/entry-12182100325.html


で、森山氏の記事など豊洲市場の問題点を読んでいて、筆者はとてつもなく嫌なデジャブを感じてしまった。





韓国のソウルには鷺梁津(ロリャンジン 로량진)水産市場というのがあって、首都ど真ん中の大型水産市場として魚介類を供給しており、ここには本職はもちろん今では一般人や観光客も大勢訪れる人気スポットとなっている。早い話が「韓国の築地」だ。日本人観光客向けの案内サイトもある。

http://www.konest.com/contents/shop_mise_detail.html?id=1469
鷺梁津水産市場

筆者が感じた嫌なデジャブというのは他でもない、この鷺梁津市場もまた最近新市場建設とそこへの移転が強行されつつあるという事だ。それに多くの商店が反対して抵抗している事、そうした反対派に対して陰湿で強権的な嫌がらせや圧力が加えられている事、そして何よりも新鷺梁津市場の建物にとてつもない欠陥が大量に存在するという事だ。新鷺梁津市場の欠陥については以下オーマイニュースの記事が詳しい。

http://www.ohmynews.com/NWS_Web/View/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0002186099
新鷺梁津水産市場…「あそこに入ったらみんな潰れる」
[現場]商人達はなぜ新しく建った建物に入ろうとしないのか(朝鮮語記事)

翻訳するのが面倒なのでかいつまんで記事内容を説明すると、この新市場に移るのを多くの業者達が反対している事、あそこに移ったら水産市場そのものが潰れかねないという事、その大きな理由である新市場建物の様々な欠陥を指摘したものだ。新鷺梁津水産市場の欠陥というのは

「とても作業にならないほど各通路が狭すぎ」
「生簀と駐車場の距離が長過ぎ」
「そもそも生簀を設置する部屋が狭過ぎ」
「生簀への海水供給パイプが細過ぎて、海水が一杯になるのに時間が掛かり過ぎ」
「排水溝が小さ過ぎて、生簀の水を抜いたら排水溝からあふれ出して市場が洪水状態に」
「旧市場には4つあった換気扇が、新市場には2つしかない。天井漏水による感電の危険も」
「生簀から駐車場までのクソ動線」
「生簀で使うサーモスタット室外機のクソ配置。生簀から室外機の場所までが遠過ぎて、その間に水温が…」
「荷の積み下ろしをする駐車場がクソ狭くて2台しか停められず。残り数十台は外で待つという、『トヨタ前の道路状態』に」

その他山ほど…ことごとく豊洲市場の欠陥・問題点とそっくり! 何で? どうして、日本と韓国で同じ時期に同じような水産市場移転が強行されて、しかもその新市場建物にほとんど同じような欠陥が山ほど存在する訳? 「シンクロニシティ」というのはまさにこういうのを言うのかもしれないが、豊洲市場と新鷺梁津市場は悪い部分ばかりが何もかも双子のごとくそっくり、それこそ安倍晋三と朴槿恵を見ているかのようだ!(笑) 
築地の人々やその移転に反対する人々で鷺梁津の出来事を知っているのはほとんどいないのではあるまいか。逆のケースもおそらくそうだろう。だからといってどうという訳ではないが、首都ど真ん中にある巨大水産市場移転問題で、日本と韓国の双方で鏡に写したかのごとくそっくりな問題が同時期に起こっているという事は知識として知っておいても良いのではないか。

豊洲市場と新鷺梁津市場もまた日本と韓国という「東アジアの双子の極右政権」という体制を実に良く反映した存在になりつつある。日本京丹後の米軍レーダー基地と韓国星州のTHAAD、沖縄辺野古&高江の米軍基地建設強行と済州島の海軍基地建設強行などとも同じで、これまでも存在した日韓の邪悪な部分の癒着・共犯関係・シンクロニシティというのが今や最高潮に達した時代だという事を、こうした部分でも嫌というほど実感せざるを得ない。
PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

フリーエリア