忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 日韓2013年体制 > 仲良し6連発

仲良し6連発

♡仲良し♡


「安倍の暴走を天皇陛下が防いで下さっている」だって? 「天皇陛下こそ日本最高の平和主義者にして護憲派」だって? 何を戯言を。両者は対立しているのではなく、互いに協力して支えあう関係でしかない。

♡仲良し♡


槿恵の親父&晋三の爺さん。満州人脈、日韓協定つながり。韓国の独裁政権と日本政府は共犯関係。こいつらの私利私欲で結ばれた日韓協定で、どれだけの日帝植民地被害者が切り捨てられた事か。

♡仲良し♡


正煕の娘&信介の孫。「韓国の成長は日本が支えてやったんだ」と米議会で恩着せがましく豪語する晋三。対して、「韓国は日本の植民地支配のおかげで近代化・経済発展した」という植民地近代化論を自国に広める事で応える槿恵。こんなに息の合った仲良しコンビの国家首脳が他にいますか! 日韓関係は戦後最高に良好な蜜月関係そのもの! 植民地支配と戦後の肯定という点で歴史認識と価値観も100%一致!

♡仲良し♡


説明不要。韓国の統一運動家に切り付けられた例のリッパート大使曰く「米国防省は安倍総理の安保政策に大変満足している」つまり「あっぱれ、大儀である」とお褒めの言葉を下された、と。安倍の訪米で日米蜜月時代とか何とか言われてるが、これに対抗して韓国はまたぞろアメリカへのさらなる過剰な忠義立てをし始めるだろう。「日米蜜月時代」というのは同時に「日韓、アメリカへの忠誠競争時代」も意味しているのである。

♡仲良し♡


この写真は2014年7月21.22日に行われた韓米日合同捜索・救助訓練(SAREX: Search and Rescue Exercise)に参加したジョージ・ワシントン号。こんだけ凶悪そうな戦闘機や爆撃機を大量に積んで「救助訓練」とか、人を馬鹿にするにも程がある。どう見ても攻撃訓練にしか見えない。韓米日仲良く軍事訓練!
しかもこの空母に搭載されていたある飛行機のデザインが凄まじい。


この戦闘機の尾翼の絵…。ある意味韓米日軍事同盟体制を非常によく象徴しているとも言える。


♡仲良し♡


朴裕河&和田春樹。
和田は今年2月26日の韓国日報インタビューでスゲエ事を言っている。タイトルからして帝国の慰安婦の「プラス機能」とか言っちゃってるし、もう何が何だか。以下に問題の部分を翻訳抜粋、と思ったのだが和田の言ってる事があまりにも酷いので、後の資料として活用出来るよう全文翻訳しておきたい。強調部分は訳者による


http://www.hankookilbo.com/m/v/86fc1dfb784a4255a92a290849f7d32b
記事登録:2015.02.26 16:14
帝国の慰安婦論争、日本内部を喚起させるプラス機能も」
和田春樹東京大学名誉教授
「一部内容が被害者感情傷付け…両国各界、慰安婦論議進展させねば」

「帝国の慰安婦」が最近日本国内で慰安婦問題を振り返って見る契機として作用している、プラス機能を無視してはならない。

東京大の和田春樹名誉教授は25日に韓国日報との電話インタビューで「帝国の慰安婦」を取り巻く論争について「慰安婦問題解決に努力する方々の分裂した姿を見るようでもどかしい」としてこのように語った。

最近日本軍慰安婦被害者お婆さん達が、世宗大学の朴裕河教授が2013年に出した「帝国の慰安婦」の一部内容が自分達の名誉を棄損したとして提起した出版等禁止仮処分申請を裁判所が一部受け入れ、出版当時からあった「帝国の慰安婦」を取り巻く擁護・批判論争にまた火が付いている。日本内で慰安婦補償問題を主導したアジア女性基金専務理事を務めた和田教授に、この論争をどう見るか聞いた。

―韓国の裁判所が「帝国の慰安婦」に対して一部内容を直せという決定をした。

この本は朴裕河教授がこじれるだけこじれた韓日関係の和解の為、慰安婦問題を解決しなければならないという基本的な認識の下に書いた事は間違いない。慰安婦の姿に対して歴史的に多様な見解を見せてくれる過程で、一部内容に慰安婦のお婆さん達の感情を傷付ける部分が含まれていたようだ。朴教授とお婆さん達が互いに対話を通じてこの問題をうまく解いてくれる事を願ったが、結局法廷訴訟まで行ってこうした結果が出た。慰安婦問題が解決されていない中でこういう風な対立関係が形成され、慰安婦解決を望んで努力してきた人間達としてはあまりにもどかしい」

―裁判所は「慰安婦」を自分の体を犠牲にして国家を助けた軍人と同様に「愛国」をした存在であるとか、朝鮮人慰安婦と日本人女性(原文ママ。日本人兵士または日本軍の誤りと思われる:訳者注)を同志的関係と見るなどの表現に対して削除を要求した。裁判部の判断についてどのように考えるか。

「韓国・台湾の慰安婦は日本の皇国臣民として日本の政策に従うよう心理的な圧迫を受けて慰安婦生活をするなど、制度的な状況の産物という点を朴教授は本に込めたかったようだ。これを通じて『慰安婦=売春婦』と刻み付ける日本右翼に向かって、戦争の為に犠牲になった慰安婦達にそんな扱いをしてはならないというメッセージを与えようとしたのだと理解する。だがこれは極めて日本志向的な考えで、韓国人と慰安婦のお婆さん達の立場から見たら反発が出ざるを得ない側面もある。朴教授が表現にもう少し細心の注意を傾けたら良かったと思う」

―今回の決定に対する日本内の反応はどうか。

「裁判所の決定に先立ち、裁判が進行する過程からすでに日本内の慰安婦関連学者達の関心が高かった。朝日新聞は最近『帝国の慰安婦』翻訳本を出しもした。本を求める大多数は慰安婦問題解決を通じて韓国と関係改善を図ろうという人達だ。今回の裁判を取り巻く論争が、日本内では慰安婦問題を喚起させる良い契機となっている。慰安婦問題をあまり扱わなかったNHKすら一昨日に朴教授が東京日本記者クラブでもった記者会見を詳細に伝えた。NHKは朴教授の本を通じて慰安婦問題を言及し、朴教授が会見で言及した韓日専門家の慰安婦問題解決の為の共同研究などを詳細に報道した。朴教授が慰安婦問題を日本内で喚起させるのに一定な役割をしたと見る事が出来る」

―今回の論争を取り巻く望ましい解決策は何か。

「裁判所の決定に従って本の内容を修正するかどうかは朴教授が決定する事だ。重要なのは今回の決定をきっかけにして韓国社会が朴教授の持つ意図すら誹謗してはならないという事だ。朴教授はどこまでも慰安婦問題解決という大前提で本を執筆した。韓日両国関係が対立している中で朴教授に過度な焦点を置いては、日本内で慰安婦問題解決に否定的な人々に逆利用される可能性がある事を想起せねばならない」

―今回の決定が韓日両国の慰安婦問題解決の為の糸口になり得るか。

「可能だと思う。今回の決定を契機に韓国内では朴教授を攻撃する雰囲気があるが、日本では慰安婦問題を至急に解決せねばならないという認識が大きくなっている。両国各界が乗り出して問題解決の為の論議を進展させ、安倍総理の戦後70年談話が出る前に結実を収めるのが良い」

東京=ハン・チャンマン特派員


お読みになった通りである。もう、どこから突っ込んだら良いのか分からなくなるくらい酷い。「帝国の慰安婦」が出たおかげで日本でも従軍慰安婦問題が振り返られるようになった、「プラス効果だ」とか、とても正気とは思えない。「韓日関係の和解の為、慰安婦問題を解決しなければならないという基本的な認識の下に書いた事は間違いない」「『慰安婦=売春婦』と刻み付ける日本右翼に向かって、戦争の為に犠牲になった慰安婦達にそんな扱いをしてはならないというメッセージを与えようとしたのだと理解する」とか、勝手な好意的解釈連発してんじゃねえよという話だろう。あの本をどう読んだらこういう解釈が出来るんだ? 和田は自民党の9条解釈並みに凄まじい恣意的曲解をしてる。一言で言えば悪質極まりないという事だ。日本軍に無理矢理連れ去られて性奴隷にされた被害者を「日本軍(加害者)と同志的関係」呼ばわりするなど、これほど酷い侮辱はない。それを「韓国人と慰安婦のお婆さん達の立場から見たら反発が出ざるを得ない側面」「朴教授が表現にもう少し細心の注意を傾けたら良かった」で済ませる和田の人権感覚と歴史観も相当に狂っている。こんなのが「日本を代表する良心的知識人」呼ばわりされている現状がそもそもおかしい。
それ以前に「日本右翼に向かって、戦争の為に犠牲になった慰安婦達にそんな扱いをしてはならないというメッセージを与えようとした」って、これは慰安婦被害者を「英霊」扱いしろという事じゃないのか? そのうち和田や朴は「慰安婦のお婆さんを靖国神社に合祀しろ」とか言い出すんじゃないのか? ふざけるのもいい加減にしろ!

重要なのは今回の決定をきっかけにして韓国社会が朴教授の持つ意図すら誹謗してはならないという事だ。朴教授はどこまでも慰安婦問題解決という大前提で本を執筆した。韓日両国関係が対立している中で朴教授に過度な焦点を置いては、日本内で慰安婦問題解決に否定的な人々に逆利用される可能性がある事を想起せねばならない
って和田は言ってるが、これって要するに「朴裕河を攻撃したら問題解決に否定的な人々(日本の右翼勢力?)に利用され、困るのは韓国側だぞ」って恫喝してる訳でしょ。朴裕河の言ってる事こそ真正な問題解決策だ、と。「帝国の慰安婦」を買うような人々は慰安婦問題解決と日韓関係改善を図ろうという人達、つまり「日本の良心的層」なんだ、と。だから朴裕河に文句つけるな、と。
今現在、日本でも韓国でも朴裕河を擁護・正当化し、免罪符を与えるのに最も大きな影響を及ぼしているのは、間違いなく和田春樹である。和田と朴の「♡仲良し♡」関係は今回取り上げた6組の中でも最強の緊密ぶり、3.11以後の時代だけにこれこそまさに「絆」というやつだろう。和田春樹と朴裕河の「絆」は、安倍と天皇よりも、朴正煕と岸信介よりも、韓米日軍事同盟よりも強固なのであります!

「朴裕河教授は、畏れ多くも日本を代表する良心的知識人であらせられる和田春樹教授に支持されているのだッッッッ! 貴様それでもなお朴裕河教授を『日本右翼の代弁者』呼ばわりするというのかッッッッ!」
というのが韓国における朴裕河擁護派の決まり文句になっている事は前にもちょっと書いた。例えばこことかこことか。韓国日報のインタビューで和田ははっきりと「帝国の慰安婦」を買い求める日本の読者こそ「良識派」であるかのように言い切った。和田のこれまでの実績や「名声」から言って、これの及ぼす悪影響の度合いは松竹伸幸ふぜいの比ではない。
和田春樹という人間はもう完全に「トロイの木馬」か「獅子身中の虫」であるとみなさねばならないだろう。こんな人間が挺対協といつまでもくっついている事自体がおかしいのではないか。先日の北海道新聞の誤報(挺対協が方針転換して、日本の法的責任を問わなくなったというやつ)にしてもどこからああいう話が出て来たのか、実に怪異な話だと思う。挺対協も和田との関係はもうケジメを付けるべきではなかろうか。和田も今後一切この問題には関わるなと言いたい。

歴史問題で妄言を繰り返す安倍晋三と、知韓派で「行動する知識人」と言われた和田春樹。両者は一見対立する存在のように見えるがそうではなく、本質的には全く同じものだ。前者が北一輝や寺内正毅(武断統治)や在特会(笑)だとすれば、後者は福沢諭吉や斎藤実(文化政治)やしばき隊(笑)というだけの違いに過ぎない。さらに言えば和田と朴裕河の関係は、福沢諭吉と金玉均の関係ともかなり相通ずる部分があろう。朝鮮侵略の為に福沢は金玉均に肩入れしてクーデターを起こさせ、親日政権を作らせようとした。和田も朴裕河をさんざん肩入れして持ち上げ、従軍慰安婦問題解決を骨抜きにしようとしている。こうした点も我々が歴史から大いに教訓を得て対抗せねばならないのではないか。まあ、朴裕河が後に金玉均と同じ運命をたどり、利用されるだけ利用されて惨めな末路を迎えるかどうかまでは分からないが、それとは関係なくこれ以上この者達が害毒を垂れ流すのをやめさせなければならない。

PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア