忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 日韓2013年体制 > 世宗大学教授・保坂祐二曰く

世宗大学教授・保坂祐二曰く

先日の「ストックホルム合意」についてもう一つ気になる報道があったので御紹介したい。韓国の世宗大学教授・保坂祐二が韓国のマスコミに語った内容だ。その部分を翻訳して以下に抜粋する。

http://www.dailian.co.kr/news/view/440232
「北日拉致被害者協議」日本が真に狙うのは?
保坂「2年まえから先・北日修好世論に従ったもの」
北は巨額の賠償金得て、日は東北アジア情勢主導権掌握

世宗大学の保坂祐二教授は「今回の北日協議が以前と違う点は、その間日本内知識人達の間で提起された『先・拉致問題、後・北日修好』原則を変えよという要求から始まった」とし「こうした要求を第2次安倍内閣が受け入れて強行一辺倒の対北政策が変わり、こうなるまでに北日関係に相当な進捗があっただろう」と語った。

保坂教授は「その間韓国ではよく把握されなかったが、すでに2年前から日本内では『北日修好から』という声は膨らんでおり、昨年5月に飯島勲内閣官房参与の訪北がその糸口となった。以後飯島は昨年10月に再び中国大連で北朝鮮の高位人士と極秘会談をもったものと知られており、その間に秘密会談で相当な水準の約束がなされた可能性が高い」と分析した。

「今回日本がただちに独自的対北制裁を解くと発表したのを見た時、水面下で論議された北日間のもっと大きな約束があるだろうと疑う以外にない」というのだ。それでいて保坂教授は北日の間になされた「もっと大きな約束」について北日修好の可能性を言及した。

保坂教授は「北日修好が締結されたら過去の1965年韓日修好のように北朝鮮は巨額の賠償金をもらう事になり、歳月が多く流れただけ韓国がもらった賠償金よりもはるかに多くの金額になるだろう」とし「北朝鮮としては経済を救う唯一のカードなので拒絶するのは難しく、日本は修好条件として核問題解決を」掲げて東北アジア情勢で主導権を握る国家利益を窺う事が出来る」と語った。


今回の協議は「日本内知識人達」つまり保坂とそれに近い筋の学者(おそらく和田春樹など「国民基金・日韓知識人声明」派の人脈だろう)達の呼びかけを安倍政権が受け入れたからだ、と述べている。自分達が今回の協議の仕掛け人だと言いたいのだろう。この人達は「日本の国益の為の『北日修好』」という点で日本政府・安倍政権とは事実上一体だと言える。東アジア共同体だの日韓知識人声明というのは元よりそういう性質のものなのだから。
また、保坂が言うように「北日修好」がなされた場合は、当然平壌宣言に基づいてそれが行われる事になる。その際に日本から朝鮮へ支払われるであろう金銭類は「賠償金」だと、保坂がここで断言しているのも注目すべきだ。もちろんこれは明らかに日帝植民地支配に対する「賠償金」だと、保坂が主張しているのは言うまでもない。「過去の1965年韓日修好のように」というセリフからも分かるように、保坂は日韓条約の時に支払われた金銭類も同様に「賠償金」と断言しているのだから。
だが平壌宣言にあるのは飽くまで「経済協力」であって、植民地支配に対する「賠償」などとは一言も言っていない。保坂が言いふらしているのは、日韓条約と平壌宣言の「経済協力」を「賠償」にすり返る既成事実作りそのものであり、これは過去の歴史修正どころか「現在修正主義」ですらあろう。
いずれにせよ、保坂やそれに連なる「日本内知識人達」の総意というのは、今回のストックホルム合意と(その後うまく行けば)平壌宣言に則った「北日修好」と「賠償金」とやらで歴史問題は全て幕引きにするという事だ。真の歴史清算とは全くかけ離れている。

それでも「朝鮮がその巨額の経済協力で経済難を克服出来たらいいじゃないか」という意見もあるだろう。保坂は朝鮮が受け取る金額が「韓国よりもはるかに多くなる」というが、そんな保証はどこにもない。2002年9月17日の日朝平壌宣言によって、朝鮮側は対日歴史清算で大幅な譲歩をした。今後仮に経済協力が行われたとしても、日本側に圧倒的有利な条件である以上、その金額は日本側の言い値になる。保坂が言うほど「巨額」になる要素は見当たらないだろう。日本にとって重要なのは朝鮮民主主義共和国の経済を救ってやる事ではない。そんなつもりは最初から日本にあるはずもなく、「独立祝賀金」まがいのはした金(それすらも借款やら何やら有償のを含む)で過去の全てを決着にし、おまけにそれすらも後々の経済侵略のダシにされるのがオチだ。韓国の経済成長というのは日韓条約による経済協力の効果よりも、その後のベトナム特需によるものがはるかに大きかった事を思い出す必要がある(もちろん日本もベトナム特需で朝鮮特需に次ぐ莫大な利益を手にした)。平壌宣言に則った修好とそれによる保坂が言う所の「巨額(?)賠償金」が行われても、それは決して朝鮮の経済を救いはしないと思う。

保坂や和田の振る舞いを過去の歴史に照らし合わせて考えれば、この連中のしている事が何なのかは明白だ。19世紀末に日本が朝鮮を侵略し始めた時期にそれを草の根的にサポートした、内田良平のような大陸浪人達の役回りを演じているのである。

PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア