忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 原発・公害・環境問題 > 水産資源の乱獲は韓国も深刻

水産資源の乱獲は韓国も深刻

日本ではここ何年かウナギの記録的不漁と価格高騰が話題になっている。この間にメジャー所のマスコミでは相変わらず「ウナギを安く食卓に届ける為の商社の奮闘」「価格高騰は中国のせいだ」「ヨーロッパのウナギが禁輸になっても、まだアフリカやオーストラリアがある」といった倫理観のかけらもない報道が繰り返されてきた。一部の心ある研究者や専門家からは乱獲の問題が指摘されているものの、依然としてそれが大きく取り上げられたり、水産行政に採用されるに至ってはいないようだ。ウナギの他にもハタハタやイワシ・マグロ・サバ・鯨などもそうだし、今年は特にカツオの不漁が深刻で、これらは明らかに乱獲が原因だと当の漁師達の声も聞かれ始めている。
さらに近海のみならず、日本が遠く外国の海まで行ってそこの魚を一網打尽に乱獲したり、商社がそうした地元の魚介類を金にあかせて買い漁る行為はかなり昔から問題になってきた。
これらは先進国による第3世界への経済侵略の典型的パターンだが、実は韓国でも全く同じ事が進行している。近海の水産資源を乱獲し過ぎて獲れなくなり、外国の漁場を荒らしたり金にあかせて魚介類を買い漁るなど、まだ程度の差はあるが韓国も日本と全く同じ問題を経済成長と共に引き起こしてきた。そしてそのツケを今になって払わされているというオチもそっくりそのままである。以前、韓国の漁獲高に関する公式統計を検索して見た事があるのだが、年を経る毎に右肩下がりで、日本と同じパターンだった。おまけに韓国では李明博政権の時にやった4大河川工事という未曾有の有害無益な自然破壊事業が行われ、これの影響で朝鮮半島南半部の海が今後ますます「痩せて」魚介類が取れなくなる事は間違いない。
筆者が韓国のこの問題について最近考えさせられたのは、向こうの漁業関係者がその解決策として最近とんでもない事を言い出し始めている事がきっかけだ。すなわち、北の水産資源に目を付け始めたという事である。つまり「南で魚が獲れなくなったのは、中国の船が北の漁場で魚を獲ってるからだ」という見当はずれな批判を言い始めたのだ。「このままでは北の水産資源を全部中国に取られる」なんて事まで言い出してる訳で、これまた「中国脅威論」を持ち出して自分らの自然破壊や乱獲をなかった事にしようとしてる日本の姿勢とそっくりである。さらに凄いのは以下のセリフだろう。
「自分達(南)の船が北に入りさえすれば、(中国の船に対して)十分に競争力がある」
これは韓国の元農林水産食品部事務次官で今は韓半島水産フォーラム会長である朴徳培という人物の言葉だが、これはどう見ても北の海で中国の船と乱獲競争して勝ってやるという風にしか読めない…。水産資源を守ってやっていこうという考えはかけらもなし! ただひたすら乱獲して「競争」する事しか頭にない、こういう人間が韓国の農林水産食品部事務次官だったのだ。実に日本と良い勝負ではないか。ここでまたしても我々は次の嫌過ぎるお題目を思い浮かべてしまうのである。
「日韓仲良くしようぜ! 仲良くそっくり水産資源乱獲しようぜ!」

最近の韓国でやたらと「統一したら北の資源は全部韓国のものだ」という金の事しか頭にない強欲の極致である「統一大チャンス論」が扇動されている事を筆者もこれまで何度か指摘してきたが、南の漁業関係者が言ってるこうした主張も全く同じであろう。南の資源を自分らで勝手に乱獲して獲り尽しておいて、それで困ったら北のをよこせというのだから、どこまで身勝手で強欲なのか。それもこういう時だけ「同じ民族同士」「経済交流」「5.24措置解除」などと言い出すのは厚顔無恥の極みとしか言いようがない。ましてや南の連中は日頃から「北の連中は貧乏で飢えている」と馬鹿にしてきたくせに、その「飢えている北」に対して「魚をよこせ」と言うのだから。これは端的に言って、飢えている貧乏人の食い物を強奪しようとしているだけではないか。これでは「民族同士」もへったくれもない。

韓国の漁業と乱獲問題についてはいずれ改めてもっと詳しいデータに基づいたお話をしたいと思う。調べれば調べるほど何て日本とそっくりなんだろうと思い、本当に不愉快極まりない話だ。
韓国の漁業が本来進むべき道ははっきりしているはずだ。よその資源を貪欲に奪う事ではなく、今ある自分の漁場や資源を大事に保護する事ではないのか。南の海を乱獲や環境破壊で滅茶苦茶にしておいて、それで本当に将来統一をするつもりなのか? 今の韓国がやろうとしているのは、自分で南の環境や資源をすっかり荒廃させておいて、その解決策として北を無理矢理に吸収統一して、そのおいしい部分だけ「韓国の経済発展の為に」という美名の下にしゃぶり尽くそうというだけの話だ。これでは飢えたイナゴやネズミの群れと何の違いもない。本当に「飢えて」いるのは北なのか、それとも南なのか? 南は一体何に飢えているのか? 今の朴槿恵政権下韓国の統一方針、すなわち「統一大チャンス論」は次のように言い換えねばならないのだ。

「蝗害統一論」
と。

PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 29 30

フリーエリア