忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 韓国政治 한국정치 > 韓国「国民の会」が不安なもう一つの理由

韓国「国民の会」が不安なもう一つの理由

前に述べた韓国の新党「国民の会 국민모임」について、先行きが暗いと筆者が考えるもう一つの理由は、変な奴らを味方に引き入れる危険性が非常に高いという点にある。2009年政権交代以前の日本の民主党がそうだったように、政権交代の為にはとにかく頭数を増やさなければならない。それでいわゆる「奇妙な同伴者」が増えていく。ある程度は仕方のない事なのかもしれないが、中には党そのものを破壊して引っかき回してでも私欲だけを追求するような輩も入って来る訳だ。日本の民主党の場合は小沢一郎がまさにそうだったろう。もちろん民主党政権が潰れたのは他にも山ほど原因があった訳だが。韓国の国民の会もそういう変な詐欺師みたいな連中を引き入れて、挙げ句はその「獅子身中の虫」に引っ掻き回されてボロボロにされる危険性が大きいと思う。その役割を果たしそうなのが正義党ではなかろうか。

この正義党について改めて説明すると、2012年の総選挙後に統合進歩党内で主導権を握れなかった党内非主流派達が「先の選挙は主流派が不正なやり方で候補を選んだ。あいつらは従北だ」と嘘をでっち上げてクーデターを起こし、それでも党権を掌握出来なかった為に脱党して出来た所だ。この騒ぎを奇貨とばかりに利用してセヌリ党政権は統合進歩党に対する公安弾圧を開始し、昨年末の憲法裁判所による解散命令へと至った訳だから、統合進歩党強制解散ばかりか韓国社会の民主主義破壊とファシズム台頭に最大の「貢献」を果たしたのがこの集団だと言って良いだろう。正義党というのは「進歩政党」を自称しちゃいるが、日本風に言えば明らかに「公安のエス」的存在そのものだ。筆者は以前に正義党の事を「韓国版転び社会党」と呼んだが、実際にはもっとひどい。

ここで一つのエピソードを紹介しておきたい。この時に統合進歩党から正義党に行った人間の中に柳時敏(ユ・シミン 元は盧武鉉政権時代の保健福祉部長官)という男がいるのだが、この男は自分がその前に作った国民参与党という政党で8億ウォンの政治資金ファンドを募集しておきながらそれを償還出来ずに借金として抱えていた。それで2012年選挙の時に旧民主労働党と合併してそれが統合進歩党となり、旧参与党のファンド負債8億も進歩党に引き継がれたのである。ところが選挙後に柳時敏は落選して自分とこの旧参与党系候補も1人しか当選出来ず、党内で主導権を握れなかった事から、やはり党内非主流派の沈相奵や魯会燦などとつるんで先述の「不正選挙弾劾クーデター」を起こした挙げ句に脱党した。こうして旧国民参与党のファンド負債8億ウォンは全部統合進歩党に押し付けられ、その借金を作った張本人である柳時敏は借金を一銭も払わずに逃げおおせましたとさ。めでたし、めでたし…って、全然めでたくねえよ! 青木雄二か天王寺大の漫画に出て来そうな金融詐欺師並みの真似を仕出かしたのが、この柳時敏という韓国稀代の政治詐欺師である。
柳時敏はこのように「韓国版小沢一郎」とでも言うべき、韓国でも最も悪質な政治屋の一人だ。この「前の党で抱えていた借金を、よそと合党する事でなすりつける」という詐欺的手法を、正義党はまたしても繰り返しそうな予感がする。国民の会発足のニュースが流れるや、またしても正義党はそそくさと政治資金ファンドの募集を始めたからだ。

http://jfund3.officepage.co.kr/?pn=5&board=notice&mode=view&p_start=0&no=2&pm=&pn=5&an=
正義党20億ウォンファンド募集

・今後予想される展開
「第20回総選挙で20人の国会議員当選を目指して」20億ウォンという多額のファンド募集。

けど、どう見ても正義党に単独でそんなにたくさんの当選者を出せるとは思えない。それどころか全員落選して党そのものが消滅する可能性の方がはるかに高し。

ファンドの借金を返せる見込みなし、と言うか最初からまともに償還するつもりもなし。

「なあに、構やしない。また国民の会に合党してもらえばいいんだよ」正義党は国民の会に合党されて、20億のファンド負債も国民の会へ引き継がれる。

合党してもらったおかげで旧正義党の面々もまた何とか当選して、議員職を保持する事が出来ました。でも相変わらず党の主導権は握れず。

「先の党内予備選は不正だ! 今の党執行部達は不正なやり方で候補に選ばれ、比例の上位に入った! あいつらは従北だ!」いつか来た道、ふたたび旧正義党の連中は党内で騒ぎを起こす。

旧正義党の沈相奵ら、またしても脱党して新党を結成。旧党のファンド負債20億をまんまと国民の会に押し付けるのに大成功! 沈相奵ら旧正義党の議員は借金をチャラにして、任期をまたしても1期延命させるのに成功しましたとさ。

国民の会、「従北」を理由に国家保安法容疑で捜査を受ける。セヌリ党政権、憲法裁判所へ国民の会の違憲審査請求へ。そして憲法裁判所の判決は…。

旧正義党の連中の「活躍」のおかげで、セヌリ党千年王国は2017年の大統領選挙でも安泰だ! いや、未来永劫安泰だ!

上記は飽くまでも筆者の予測である。だが国民の会もとにかく頭数を集めねばならないという焦りから、正義党に合流のラブコールを送っているのはかなりヤバイと思う。トロイの木馬を自ら引き入れるような話であり、正義党と合党するような事になれば、その瞬間に国民の会は秘孔を突かれて「貴様はすでに死んでいる」状態になったも同然だ。ケンシロウのカウントダウンが聞こえる。いや、別に筆者は国民の会なぞ全く評価も支持もしちゃいないからどうでも良いのだが、韓国ではまたしても詐欺に遭って前途有望(?)な政党が崩壊するのだなあと。国民の会が政策や「従北アレルギー」だけでなく、他の部分でも駄目そうな理由がここにある。
韓国という国の夜明けは遠い。

PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア