忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 朝鮮・韓国 조선·한국 > 朴槿恵が「やらねばならない事」

朴槿恵が「やらねばならない事」

あれこれ言われてはいるが、朴槿恵はどれだけ支持率が落ちようがデモに民衆が何100万人集まろうが国会で弾劾されようが、それが原因で下野する事はないであろう。あの女には「やらねばならない事」があるからだ。朴槿恵が「やらねばならない事」というのは、任期の間に可能な限りの悪事(韓日軍事情報保護協定、日韓慰安婦合意の事業強行、サード配備など)を完遂する事である。それらに一通りケリをつけたら、任期切れ(より早い可能性もあるが)と同時に訴追を逃れるべく国外逃亡というのが思い描いているパターンなのではないか。要するにペルーのフジモリに近いパターンだ。
朴槿恵退陣を求める側もその辺りを考えに入れて行動する必要がある。集会に歌手を呼んで祝祭みたいにしたり、警察と一緒になって「非暴力」を叫ぶのは完全にずれているとしか言いようがない。ましてや金済東や朴裕河のように「不義に抵抗する事を知らない北の連中と違って、デモに集まったみなさんは目覚めた市民です」「日帝時代をそのまま踏襲した北の指導者にそっくりな世襲指導者を大統領に仰ぐ必要はない」みたいな事を言って、100万人デモすらも反北扇動と従北狩りに悪用したがる連中は最悪である。金済東や朴裕河のような輩こそ、朴槿恵支持派である極右団体のデモに参加してしかるべきだ。対北対決政策や日韓慰安婦合意など、金済東や朴裕河の求めてきた事は全て朴槿恵が叶えてくれたのだから当然の話ではないか。金済東にいたっては12日のデモで「警察はみなさんと同じ民主共和国の市民同僚ですから、彼らに拍手を送りましょう」というSEALDsか反原連のような事まで真顔で訴えていた。この金済東という韓国のお笑い芸人、日本で例えれば野間易通と爆笑問題の太田光をチャンポンしたような存在だと言えば分かり易いであろうか。それだけでこの輩がどれだけ下らない人間かお分かりであろうし、それをヨイショする韓国の報道機関の終わってるぶりも分かろうというもの。韓国にもようやく進歩媒体が安心して起用出来る「野間易通的存在」が本格的に登場した訳であり、今後この「韓国の野間」が及ぼす悪影響は甚大なものになろう。
100万人ものデモ参加者がいれば、中にはこういうおかしな連中も紛れ込む。それらに対する革命的警戒心を怠ってはならないのだが、ハンギョレやオーマイニュースや参与連帯(ソウル市長・朴元淳の出身母体だが、今では西欧リベラルにかぶれてかなりネオコン化した団体になっており、リビア・シリアへの侵略戦争にも事実上賛成していた)のような進歩派マスコミ・市民団体がむしろそれらを擁護・助長するのは本当に終わっていると思う。そうした社会運動に変な連中が紛れ込んでくるというのは、日本においても全く他人事でない。男組だの引き取り運動だの…。

あるいは

「潘基文に説得(国連事務総長の任期は今年一杯。その直前のクリマス休暇に韓国へ一事帰って来るらしいので…)される形で朴槿恵は勇退の花道を歩み、それで「朴槿恵を退陣させた英雄」のポジションを得た潘基文がそのまま大統領選挙で勝利。それとバーターする形で朴槿恵の身の安全(国外逃亡?)を保障」

万が一だが、こんなシナリオもあるのではないかという考えがよぎった。もちろん単なる筆者の空想だが、その場合は「朴槿恵がやり残した事」を潘基文が引き継いで完遂する事になる。潘基文は日韓慰安婦合意に賛成していたし、ベタベタの親米派で、朝鮮共和国の事も大嫌いだから、これほど朴槿恵の後任に相応しい人間はおるまい。あの男が韓国の大統領になれば慰安婦合意の「宣撫事業」も軍事情報保護協定もサード配備も成果年俸制も全教祖への弾圧も歴史教科書の国定化も対北圧迫・制裁も、何もかも朴槿恵の政策を忠実に引き継ぐだろう。いずれにせよロクなものではない。
PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア