忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 日韓2013年体制 > 大韓民国終了のお知らせ その2 憲法9条にノーベル賞運動篇(前)

大韓民国終了のお知らせ その2 憲法9条にノーベル賞運動篇(前)

「憲法9条にノーベル平和賞を!」とかいう例のキモさ限界な運動については前にも批判したが、それがついに韓国にも飛び火してしまった。すでに日本でも既報の通りだが、この運動の韓国委員会というのが発足してしまったのである。何考えてんだか。公式サイトは以下参照。

http://www.nobelpeace9.kr/
日本平和憲法9条ノーベル平和賞推薦韓国委員会公式サイト

気がかりなこの韓国側委員会推薦人のメンツについては公式サイトに画像で紹介されていたものの、今後の資料として役立てる為に改めてその名簿をテキスト化して以下に掲載しておきたい。中には「え、この人が何で?」という顔ぶれもいるだろうが、それだけ韓国の事情も日本と同じで右も左もない翼賛体制が進行しているという事だ。それにまつろわぬ者は統合進歩党のように力ずくで潰される。


・姜萬吉 강만길 Kang Man-kil カン・マンギル
1933生 歴史学者 高麗大学名誉教授

・姜禹一 강우일 Kang U-Il カン・ウイル
1945年生 カトリック済州教区長

・姜大仁 Kang Dae-In カン・デイン
1947年生 対外文化アカデミー院長

・高建 고건 Goh Kun コ・ゴン
1938年生 元・国務総理

・権永吉 권영길 Kwong Young-Ghil クォン・ヨンギル
1941年生 元・民主労総委員長 元・国会議員 元・民主労働党代表

・金炳翼 김병익 Kim Byung-Ik キム・ビョンイッ
1938年生 文学評論家 元・文学と知性社発行人

・金成勲 김성훈 Kim Sung-Hoon キム・ソンフン
1939年生 元農林部長官 元・常志大学総長

・金泳鎬 김영호 Kim Young-Ho キム・ヨンホ
1940年生 社会責任投資理事長 元・産業資源部長官

・金禹昌 김우창 Kim Woo-Chang キム・ウチャン
1937年生 文化批評家 高麗大学名誉教授

・金元基 김원기 Kim Won-ki キム・ウォンギ
1937年生 元・国会議長

・金鎭炫 김진현 Kim Jin-Hyun キム・ジニョン
1936年生 世界平和フォーラム理事長 元・科学技術庁長官

・金哲洙 김철수 Kim Cheol-Su キム・チョルス
1933年生 元老憲法学者 ソウル大学名誉教授

・金哲奉 김철봉 Kim Chul-Bong キム・チョルボン
1952年生 牧師 大韓イエス教長老会高神総会長

・金炯旿 김형오 Kim Hyong-O キム・ヒョンオ
1947年生 元・国会議長

・金喜中 김희중 Kim Hee-Joong キム・ヒジュン
1947年生 大司教 カトリック主教会議議長

・道法 도법 Do Beop トボプ
1949年生 僧侶 仏教曹渓宗和諍委員長

・朴寬用 박관용 Park Kwan-Yong パッ・クァンヨン
1938年生 元・国会議長

・朴南守 박남수 Park Nam-soo パッ・ナムス
1943年生 天道教教領

・朴孟浩 박맹호 Park Maeng-Ho パッ・メンホ
1933年生 図書出版民音社代表

・朴仁相 박인상 Pak In-Sang パッ・インサン
1939年生 労使発展財団理事長 元・韓国労総委員長

・朴正子 박장자 Park Jeong-Ja パッ・チャンジャ
1942年生 演劇人 韓国演劇人福祉財団理事長

・白楽晴 백낙청 Paik Nak-Chung ペッ・ナッチョン
1938年生 ソウル大学名誉教授 創作と批評編集人

・雪靖 설정 Seul Jung ソルチョン
1941年生 僧侶 修徳寺方丈 元・曹渓宗中央総会議長

・申庚林 신경림 Shin Kyeong-Rim シン・ギョンリム
1936年生 詩人 芸術院会員

・辛仁羚 신인령 Shin In-Rrung シン・インリョン
1943年生 元・梨花女子大学総長

・安載雄 안재웅 Ahn Jae-wong アン・ジェウン
1940年生 牧師 元・YMCA全国連盟理事長

・李萬燮 이만섭 Lee Man-Sup イ・マンソプ
1932年生 元・国会議長

・李文烈 이문열 Lee Moon-Youl イ・ムニョル
1948年生 小説家

・李富栄 이부영 Lee Bu-Young イ・ブヨン
1942年生 韓日協定再協議国民行動代表

・李善宗 이선종 Lee Sun-jong イ・ソンジョン
1944年生 元・円仏教ソウル教区長

・李城林 이성림 Lee Soung-rim イ・ソンリム
1945年生 元・韓国芸術人総連合会会長

・李世中 이세중 Lee Sae-Jung イ・セジュン
1935年生 環境財団理事長 大韓弁護士協会人権財団理事長

・李御寧 이어령 Lee O-Young イ・オリョン
1934年生 初代文化部長官

・李容勳 이용훈 Lee Yong-Hoon イ・ヨンフン
1942年生 元・大法院(最高裁)院長

・李鍾贊 이종찬 Lee Jong-Chan イ・ジョンチャン
1936年生 (財)友堂・李会栄奨学会理事長 元・国会議員

・李春羲 이춘희 Lee Chun-Hee イ・チュニ
1947年生 国楽人 重要無形文化財(人間国宝)57号

・李泰鎭 이태진  Lee Tae-Jin イ・テジン
1943年生 ソウル大学名誉教授 元・国史編纂委員長

・李洪九 이홍구 Lee Hong-Koo イ・ホング
1934年生 元・国務総理

・李效再 이효재 Lee Hyo-Chae イ・ヒョジェ
1924年生 元老女性学者 梨花女子大学名誉教授

・李熙子 이희자 Lee Hee-Ja イ・ヒジャ
1943年 太平洋戦争被害補償推進協議会常任代表

・林采正 임채정 Lim Chae-Jung イム・チェジョン
1941年生 元・国会議長

・張會翼 장회익 Zhang Hwe-Ik チャン・フェイッ
1938年生 物理学者 ソウル大学名誉教授

・鄭聖憲 정성헌 Chung Sung-Heon チョン・ソンホン
1946年生 DMZ平和生命園理事長

・鄭雲燦 정운찬 Chung Un-Chan チョン・ウンチャン
194年生 元・国務総理

・趙廷來 조정래 Jo Jung-Rae チョ・ジョンレ
1943年生 小説家

・崔佛岩 최불암 Choi Bul-Am チウェ・ブラム
1940年生 演技人 少年財団後援会長 ソウル市広報大使

・韓勝憲 한승헌 Hahn Seung-Hun ハン・スンホン
1934年生 弁護士 元・監査院長

・韓陽元 한양원 Han Yang-Won ハン・ヤンウォン
1934年生 韓国民族宗教協議会会長

・黄晳暎 황석영 Hwang Suk-Young ファン・ソギョン
1943年生 小説家

・黄龍大 황용대 Hwang Young-dae ファン・ヨンデ
1952年生 韓国基督教長老会総会長

 
 
 
 
 

ハンナラ・セヌリ党系から民主党系に旧民主労働党系まで、文字通り韓国の右から左まで総網羅したかのような本当にロクでもない空恐ろしい顔ぶれだろう。日本で佐藤優現象だ、右も左もない社会運動の翼賛運動化だと言われてきたが、何の事はない。韓国でも全く同じような現象が進行していた訳だ。
日本の憲法9条にノーベル賞を受賞させるなど、どれだけ馬鹿馬鹿しくてキモい運動であろうか。「戦争せず、軍隊持たず、交戦権持たず」という9条の理念がこれまでロクに守られず、それどころか9条を保持したまま日本はますます軍拡化への道をひた走っている。9条が全く守られていない現実の中で「日本国民」とやらがやらねばならないのは「国に9条を実践させる事」だろう。それなのに「9条を保持する日本国民にノーベル賞を」などというのが、どれだけ現実逃避した醜悪な夜郎自大・自画自賛の極みである事か。挙げ句の果てには「もし受賞したら(日本で最も平和主義者にしてリベラルである)天皇陛下に授賞式に行ってもらおう」などという声も運動界隈では聞かれるという。先日、極右の安倍を大儀とばかりにねぎらった倭王・明仁に、である。ここまで来ると本当に何をかいわんやであろう。
対するかつて日帝の被害を受けた国の人間がやらねばならない事というのは、日本に本当の意味で9条を守らせる事であり、日本の軍拡化を排撃する事でしかない。それなのにこんなナルシーの極みである馬鹿な運動に賛同するなど、こうした「韓国社会の元老」どもは完全に血迷ったという事だ。
そもそも今韓国で現実に起こっている事を良く見てみるがいい。在米同胞おばさんことシン・ウンミ氏が右翼から「従北」だという事で爆弾テロをやられ、その被害者であるシン氏の方が国家保安法容疑で出国停止の上に取調べを受ける。先日統合進歩党が強制解散させられたが、憲法裁判官達が出したその最大の理由はやはり「従北」だったではないか。かつて韓国に留学に行っている時に「北のスパイ」にでっち上げられて一時は死刑判決まで受けた康宗憲氏の近況を人づてに聞いたのだが、氏は少し前までその自身のやり直し裁判の件で韓国に行っていたという。だが、進歩党強制解散のせいで情勢があまりに不穏になり、周囲の人々の勧めもあって急遽日本に戻らざるを得なかったそうだ。康宗憲氏や徐勝氏のような人々は、今は絶対に南に行くべきではない。冗談抜きで、どんな言いがかりを付けられてまた突然逮捕されるか分からないのである。康宗憲氏や徐勝氏やシン・ウンミ氏だけではなく、他の在外同胞もかなり危険であろう。特にこれまで北に行った事があるとか、日本で総連や韓統連と何らかの関わりがあったとか、朴槿恵に批判的であるとかそういう履歴や傾向が少しでもある者はみな危うい。そういう人達を無理矢理国家保安法容疑で引っ張ったり、右翼に暴力を振るわれたりといった冤罪逮捕や白色テロが間違いなく韓国ではこれから次々に発生するだろう。ただしKEYの界隈は全然オッケー。韓国の反共反北ファシスト勢力にとっては何も危険性がないから。それどころか歓迎してくれるんじゃね? 北の核実験の時に、それを涙ぐましいほどに激しく糾弾して南(と日本)への「帰属と忠誠」を表明した効果は伊達じゃない!(笑)
自国がこのように凄まじい勢いで維新独裁時代(どころか下手したら1940年代)に戻りつつある恐ろしい状況だというのに、日本の軍拡化をごまかす日本人の凄惨な現実逃避国民運動に賛同して協力する「韓国社会の元老」どももまた、日本側同様に恐ろしいほどの現実逃避ぶりである。筆者はこの「元老」達のツラを見ていると腹が立って仕方がないのだが、こいつらのやってる事は「現代版内鮮一体運動」そのものでしかない。比率的には事の本質がまるで分かってないある意味純真な「アホ」と、ワルの確信犯(未必の故意犯含む)が半々くらいではないかと思う。だが「アホ」であれ「ワル」であれいずれも重かれ軽かれ罪がある事に変わりはなく、これだけとんでもない悪逆な運動に「知らなかった」では済まされない。

日本鬼的軍国主義就是不死!
韓国的反共全体主義就是不死!

「日本鬼的軍国主義」と「韓国的反共全体主義」のまさに橋渡しでしかないこの運動に関わった「韓国社会の元老」どもへの個別の突っ込みは次回で言及したい。
(その3 憲法9条にノーベル賞運動篇(後)に続く)

PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 28 29 30

フリーエリア