忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 韓国進歩言論 한국진보언론 > プレシアンはとうとう朴裕河まで登場させた

プレシアンはとうとう朴裕河まで登場させた

韓国の進歩派マスコミでも最悪街道まっしぐらなプレシアンだが、これにはさすがの筆者も呆れた。朴裕河のインタビューだってさ。気は確かなのか? いや、確かじゃないからこういう事が出来るんだろうな…

http://www.pressian.com/news/article.html?no=118363
「闘士の少女? 慰安婦おばあさんも欲望を持った人間」
「日本軍慰安婦」論争1 「帝国の慰安婦」著者 朴裕河教授インタビュー

題名を見ただけで悪い予感しかしない記事だろう。とりあえず斜め読みしただけだが、相変わらずひどい発言と見苦しい弁明のオンパレードだ。まともに読むのは苦痛以外の何者でもないだろう。誰か手の空いている人がいたら批判ネタをやっていただきたいと思う。筆者は今そこまで余裕がありません。

それにしてもプレシアン、もう何回指摘したか分からないが、本当に終わってるし腐り切ってる。何で朴裕河のインタビューよ? こんなの批判して筆誅を加える対象以外の何者でもあるまいに。岩波の山口社長、安田浩一と来て、とうとうこんな奴まで御丁寧にインタビューで発言の機会を与えるとか正気の沙汰じゃない。こんな奴のインタビューなぞ朝鮮日報か温報(笑)にでも任せときゃいいものを、何で進歩派マスコミがやってやる必要があるのか? プレシアンというのは本当にロクでもない奴のインタビューを載せるのがお好きなんですね。さすがに今回は翻訳する気にもなれない。

繰り返しになるがプレシアン、もう本当に潰れた方が良い。消えてくれた方が韓国の民衆の為になる。
PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
27 28 29 30 31

フリーエリア