忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 漫画 > 2000年代前半辺りまでの表現規制反対運動の総括が必要だ(1)

2000年代前半辺りまでの表現規制反対運動の総括が必要だ(1)

最近常々思うのが漫画やゲーム・アニメなどのエロ規制に反対する、いわゆる「表現規制反対派」と言われる漫画家&同人誌作家やそれの追従者であるオタク層の酷さである。その最たるものは何と言っても「ラブひな」「魔法先生ネギま!」の赤松健だろう。知らない間に赤松が今では漫画・同人業界におけるこの手の運動のリーダー格という事になってる(どうしてそうなったのか経過がさっぱり分からないのだが)のは周知の事実だが、そのあまりに露骨な権力すり寄り姿勢が鼻につく。なにしろ「自民党の先生方に頭を下げて」なのだから。甘利明が「漫画好き」だという話を聞いただけで百万の味方を得たようにみっともなくはしゃいだのも有名だろう。

https://twitter.com/KenAkamatsu/status/624041021161078784
赤松健 ‏@KenAkamatsu
ところで記者さん達とのお話の中で、甘利大臣がかなりの漫画好きであることが分かってきた。麻生さんの影に隠れて目立たないけど、かなり読んでおられる模様。甘利番の記者はみんな知ってることみたい。これはチャンスだな。(笑)
19:19 - 2015年7月22日


https://twitter.com/kenakamatsu/status/544327510775717888
【衆院選】自民党が再び大勝ということで、漫画アニメの表現規制に関しても、今まで通り与党に頭を下げて話を聞いてもらう必要があるでしょう。悪口を言っている場合ではありません。表現規制の反対派の皆さんは、ぜひ「礼儀」を持って活動して頂きたいと思います。
19:06 - 2014年12月14日


麻生太郎(年寄りがさっさと死ねるように)が漫画好きらしいという話を聞いただけで「俺達の太郎」などと礼賛された頃から、オタク達の世界が一歩も進化していない事を赤松の立ち居振る舞いは示している。
今の日本は間違いなく安倍晋三流「第2次美しい国」である。それと同時に麻生太郎流「年寄りがさっさと死ねる美しい国」、甘利明流の「TPP交渉で2次創作に配慮するという美しい空手形の国」でもあるのだ。安倍や甘利の言う「2次創作に配慮」などという発言、仮に証券や債券としての信用度を付けるとしたらどれほどの格付けになるだろうか。いやそれ以前にそもそも格付けが可能な水準なのか。誰が見ても不渡りになる可能性が100%の空手形に誰が格付け出来るというのか? 赤松こそこうした自民党「美しい国」権力の兵隊となって、その「美しい手形詐欺」の先棒を担いでいるに過ぎないのではないか。

赤松に次いで酷いのが、かつて少年チャンピオンでやってたお色気漫画「エイケン」の松山せいじだ。この者は表現規制がどうこう言う以前に、いかにも脂ぎった成金セクハラ親父丸出しの暴言や差別発言を振りまいては、某犯罪組織幹部とその元ネタ総理(笑)並みの面皮極厚ぶりで開き直っている。

https://twitter.com/seijimatsuyama/status/672058169401577473
松山せいじ コミケ3日目東マ48b‏@seijimatsuyama
そう言えば、コンビニのエロ本に『子供の視界に入るけしからん』って怒る人いますけど、そもそも子供の視界には、男女同じ環境で着替えたり、親子でお風呂に入ったり、日常的に裸があるから、子供は裸をなんとも思わないし、視界にすら入らない。

素直に『自分が不愉快なんだ駆逐してる!』でしょ?
6:22 - 2015年12月2日






https://twitter.com/seijimatsuyama/status/672374970777911296
@zak_koneko_zak 個人の感想は人それぞれですしね。 もし本当に嫌なら、政治家にロビィングしても良いのではないでしょうか? 私は、過去に民主党の議員に会って話を聞いて、規制の利権の理不尽な話を聞いているので、現在は政治家との繋がりも持っておりますよ(^^)
3:20 - 2015年12月3日


https://twitter.com/seijimatsuyama/status/672378666857324544
扉 ‏@zak_koneko_zak 17 時間17 時間前

先ほど喧嘩売る気はないとおっしゃってましたけど、最初から売る気満々だったのですね。 https://twitter.com/seijimatsuyama/status/672377458285350912 …

松山せいじ コミケ3日目東マ48b
‏@seijimatsuyama

@zak_koneko_zak てか、君、煽り垢でしょ?

今風呂上がりで、Netflix見ているから遊んであげるよ〜

3:35 - 2015年12月3日

    松山せいじ コミケ3日目東マ48b ‏@seijimatsuyama 17 時間17 時間前

    @zak_koneko_zak ちなみに後ろに写っているMac Proは100万します。


俺様は100万のパソコン持ってる金持ちなんだあああああッ!
俺様のバックにはエライ政治家のセンセイ様がついてるんだぞおおおおおッ!

「金持ち」「政治家とのパイプ」こうした俗物根性丸出しのステータスをひけらかして、コンビニのエロ本に不快感を表明しただけの人に上から目線で喧嘩を売る。「俺様はエライんだ」と天狗になってる馬鹿が単に「弱い者いじめの快感」という変態行為に浸っているだけだ。松山せいじという人間は漫画家や表現者という以前に、人間として当たり前の常識が欠落している。つまり「それ以前」の問題という事だ。松山せいじという漫画家は作品が猥褻なら、人間性も汚れていた。

こういうクソとしか言いようのない作家どもを大量に輩出(「排出」「排泄」とも言う)してしまった「表現規制反対運動」とは一体何であったのかという疑問がわく。本来、権力の表現規制押し付けに抗うというならば、例え描く作品がエログロ猥褻であっても、作家自身の人格や社会観・世界観・倫理観はまともでなければならない。いや、だからこそ高い倫理観が求められるのではないか。さらに言えば反骨精神もなければならないはずだ。時の権力に規制・抑圧されてもそれに抗うという気概である。作り手がそれを喪失すれば、この世のあらゆる芸術作品には面白みどころか意味もなくなるだろう(赤松や松山の漫画が本質的につまらないのもその為だ)。しかしながら現実には、赤松や松山その他これの同類である「表現規制反対派」作家どもを見ていると、エロやお色気ラブコメを売りにしている漫画家ほど、それに比例して人格や人間性・社会観・倫理観も汚れているという傾向が見て取れる。それ以上に問題なのは、連中はみな恐ろしいほどの権力志向だという事だ。与野党問わず政治家とのパイプ作りに腐心し、それをひけらかす事で自分自身も「権威・権力」になろうとする。まさに「狐仮虎威」「売勢」(호가호위: 매세 いずれも朝鮮語で「虎の威を借る狐」の意)の極みだろう。漫画の表現規制を目論んでいるのはそうした国家権力や政治家ではなかったのか。それに抵抗するのではなく、一体となってエラソーにするとはどういう事かと思う。例えその政治家が表現規制に反対するという部分に関してだけ言えば一応は支持出来ない事もなさそうな人物(「(原発事故起こっても)ただちに影響はない」の枝野とか。飽くまでも「一応」ね)であったとしても政治家は政治家であり、その政策内容に応じて支持する事はあっても盲従してはならず、ましてやその権威・権力をかさに着るなど論外である。しかもその政治家の他の政策が酷かったらどうなのか。枝野幸男にした所で原発事故直後の振る舞いは酷いものであったし、歴史認識や臓器移植関連法に対するスタンスもかなり問題であった。ましてやそれよりもはるかに落ちる自民や維新の政治家にいたっては! だって甘利明だぜ? こいつがゲームソフトの中古ソフト問題や知財関係でどれだけ消費者を無視した酷い規制強化派(我ら知財派ッッッッ!)だったか知らないとは言わせない。松山や赤松の言動を見ていると、表現規制をストップさせる為に政治家ロビーをしているのではなく、自分がその権威・権力をかさに着る事が目的だったのではないかと疑いたくなる。

(続く)

PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 10 11 12 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア