忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 漫画 > 小池一夫・ザ・説教強姦ジジイ

小池一夫・ザ・説教強姦ジジイ

・当人の作品を通して語る小池一夫の本性

自身のツイッター上で馬鹿発言や暴言を連発して世間の注目を集めている漫画原作者の小池一夫だが、こうした一連の暴言(13歳の少女に「男を欲しがる女」などと貶め、その後も追い討ち掛けるようにセカンドレイプ発言を連発)を見るに、この80近い老人が13の娘を性的なやらしい目で見て、それを恥ずかしげもなく公開出来る神経は限度を超している。当人は「家人の発言」と言っているが、だったらそんな愚かな発言をした女房(?)をこそ咎めるべきなのに、それどころか自慢げに吹聴する有様なのだから、これは小池当人の発言と見なされても仕方がないし、その内容に対して責められても仕方がないだろう。また、女性をけなすのに「家人」という女の口を借りてわざわざやる所にこの老人の汚さと卑劣さが滲み出ている。女を貶めるには女の口を利用するのが一番だ。朝鮮人を貶めるには朝鮮人の口を利用するのが一番だ。沖縄人を貶めるには沖縄人の口を利用するのが一番だ。黒人を貶めるには黒人の口を利用するのが一番だ。夷以制夷…。
こうした発言を聞き、改めて小池原作漫画の内容を思い起こす事になった。やはり今の小池を語るなら、その作品内容を以って語るのが相応しかろう。今回の発言で筆者が真っ先に思い出したのが、以下のシーンである。



これは小池一夫原作の某漫画から引っ張って来たワンシーンで、上記破戒僧(三蔵法師である!)が言ってるセリフは現実世界での原作者当人の振る舞いそのままではないか。これに限らず、一連の小池一夫原作漫画には人殺しやレイプが大好きなキャラクターが悪役側・主人公側(!)問わず大量に登場し、まさにセックスとバイオレンスの吹き荒れる作風で一世を風靡した訳だが、当然それは飽くまでもエンターテイメントとしてのフィクションであり、ネタであるとこれまで誰もが常識的に考えて来た。が、どうやらそうではないらしい。小池作品に多数登場する悪役・主人公問わぬ強姦殺人魔の本音というか女性観というのは空想や創作では決してなく、原作者自身の本性にして世界観にして思想信条そのものであったという事だ。小池一夫は現実と妄想の区別が全くつかない大人だった! こういう馬鹿は赤松健(一押しの政治家が今をときめくあの甘利センセイ!)、松山せいじ(俺のバックには維新の政治家センセイがついてるんだ!)山本夜羽音(セクハラして、ある市民運動団体から追放処分)、師走の翁(コミケ会場で客に白昼堂々セクハラ)、土代昭治(女子高生に痴漢して逮捕されたエロ同人作家 逮捕前には「現実と空想がごっちゃになってるのは規制する側」と自身のツイッター(現在は削除)で主張していたはずが…)、カマヤン(元エロ漫画家にして差別主義者の国家主義者の陰謀論者。かつては社会新報に連載してた事も…。こんな奴や佐藤優を起用したりするから社民党はあんなに落ちぶれたんじゃないのか?)らだけでなく、世代に関係なく、売れてる作家であるかどうかを問わず、どんなジャンル、いつの時代、どこの国にも一定数存在するという事だろう。小池が80近くになってもこれだという事は、赤松や松山らもいずれ老いぼれたらこういう風になるという事でもある。想像しただけで頭が痛くなってくるが…。

もう一つ、小池一夫の別の本性が大変よく反映されたと思われるカットを引っ張って来よう。




日本鬼的軍国主義就是不死! 
(日本ヤローの軍国主義は決して死なずってか!)

小池一夫面皮極厚、対嘲諷置若罔聞。
(小池一夫はツラの皮が分厚く、嘲笑われても聞き流す)

これも小池原作の某漫画(小池ファンよりも矢口高雄ファンの方が元ネタについてよく知っているだろう)から引っ張って来たワンシーンで、日本軍の脱走兵が逃亡中に米軍に馬鹿にされたのに腹を立てて特攻死するというラストシーンだ。「おれたちは日本人だーっ!」凄すぎ。この作品は雑誌連載時に人気がなく短期で終わった漫画で、このラストもその為に無理矢理ヤケクソ気味に終わらせた感が濃厚だ。この為、この漫画が発表された1971年(?)当時の小池が必ずしも軍国主義礼賛の意味でこのラストを書いたとは言い切れない部分があろう。だが、現在のヒヒジジイ丸出しな当人の言動を重ね合わせると、「やっぱり小池一夫はどこに出しても恥ずかしくない日本鬼的軍国主義者」との謗りを受けても仕方があるまい。南京など侵略先で大量強姦殺人を組織的に日常茶飯事で繰り返し、若い女を何十万人も強制連行しては従軍慰安婦にした挙げ句、依然として謝罪も賠償もしようとしない日本軍国主義と小池一夫の暴言は何とそっくりな事か!

日本国家
「従軍慰安婦は金目当ての売春婦」
小池一夫
「(中一の少女に対して)倫理観も貞操観念もない女」

さらに小池一夫と日本軍国主義の関連と言うか親和性について言えば、小池は例の艦隊これくしょん(艦これ)の熱心なプレイヤーであるという事実も見逃せないだろう。


https://twitter.com/koikekazuo/status/667631812038889472/photo/1
小池一夫
‏@koikekazuo
見かけだけは、提督になる準備はできておる。後は、パソコンの能力だけである。(小池一夫)
1:13 - 2015年11月20日

いい歳ぶっこいたオイボレが自分の旧日本軍コスプレ似顔絵を嬉々として公開した挙げ句に、「提督」などと称して戦争ごっことは…。毎年8月15日になると靖国神社やコミケ会場に大量出現する日本軍コスプレイヤーと何が違うんだ? 単なるジジイの若作りにしてはあまりに醜悪で度を超している。
80近いジジイが艦これ萌えとかキモい事この上ないのはもちろん、小池一夫の「日本鬼的軍国主義者」ぶりを実によく証明してくれる逸話でもあろう。同時に艦これユーザーというのがいかにろくでなしの集団かという事も改めて再確認させられる。ああいうゲームに元から喜んで惹かれる層は言うまでもなく、そうでない者であっても熱中するようになれば、ほとんどの場合日本軍国主義・帝国主義に親和的にならざるを得ない。小池一夫の振る舞いからは、艦これオタク(とそれ以上に勧進元である角川&DMM)はやっぱり滅びるべしという答しか導き出せないだろう。

結論:以下のカットにつきる。




これこそ小池一夫の人となりを最も的確に言い表したセリフではないか。昔自分が原作書いた漫画が、数十年の後にブーメランとなって直撃するとは! おまけに小池は僧籍を持っている坊主でもある訳だから、まさにこの漫画のセリフが丸々ぴったり当てはまってしまう。

「あれでも仏に仕える僧なのですか」
「なンとも手がつけられぬほどにめちゃくちゃの破戒僧ですこと」
「けだものにも劣るようなあさまし!! 醜い!!」
「あの欲望 あの節操のなさ あの利己主義 あの醜さ あの弱さ」

世の中には押し込み先で被害者に「あんた無用心だよ」などと身勝手な説教をする「説教強盗」なるものが稀に存在するという。それと似たような例として、自分が「買った」風俗嬢相手に「こういう仕事はもうやめた方がいいよ」などと偉そうな説教を垂れつつ、ヤる事だけはしっかりヤって行く「説教買春」というのが好きな男も存在するらしい。それがさらにエスカレートすると、「露出の高い服を着てた女が悪い」「こんな夜中に出歩く女が悪い」「男は元々レイプ願望があるんだから、性犯罪が起こっても無用心な女の方が悪い」などと言って開き直る「説教強姦」(直接の性犯罪者加害者だけでなく、被害者の名誉を追い討ち的に毀損するセカンドレイプも含む)というレベルに到達する。小池一夫という、金銭感覚も女性観も汚れきった80近いオイボレがまさにこの「説教強姦」の大好きなヒヒジジイだという事は明白だろう。
PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 14 15 17
18 19 20 21 22 23
25 26 27 29 30

フリーエリア