忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 日韓2013年体制 > だから「日韓緊張」という話自体が壮大な嘘なんだよ

だから「日韓緊張」という話自体が壮大な嘘なんだよ

最近やたらとマスコミで吹聴されている訳の分からない話と言うか怪談の一つが「日韓関係悪化」「日韓緊張」というネタだ。朴槿恵政権と安倍晋三政権は発足後も依然として首脳会談すら行われていない、日本でも韓国でも互いの事を嫌う風潮(嫌韓・反日)がはびこっている、だから今の日韓関係は最悪で異常な事態だ…としたり顔で言う。以下のニュースは典型例の一つだろう。

http://news.livedoor.com/article/detail/8152966/
「大統領、その辺にしておいたほうが…」 朴槿恵「日本無視」に韓国メディアからも懸念

上記ニュースではいかに今の韓日関係が「異常」か、朴槿恵はいかに従軍慰安婦などの歴史問題で日本に「非妥協的」な態度をとっているか、をとくとくと書き記している。
え? 朴槿恵が従軍慰安婦問題で日本に「非妥協的」な姿勢だって? そんなん初めて聞いたわ!
じゃあ、その「日本に非妥協的な朴槿恵」は何で韓国でも有数の植民地近代化論者である柳永益(유영익 ユ・ヨンイッ)を国史編纂委員会委員長に据えたんでしょうかねえ? 前にも書いたが、この柳永益は「従軍慰安婦は強制動員ではなく、自発的な海外就業のようなもの」という日本の右翼が泣いて喜びそうな事を主張しているバリバリの親日派なんだが。
さらに言えば、今韓国の南海では韓米日の合同軍事訓練が行われている最中だ。言うまでもなくこれは朝鮮に対する侵略戦争訓練兼挑発行動である。もちろん日本の憲法9条にも反する、堂々たる違憲行為だ。ちなみに近頃話題になってる社民党の党首選では、目の前で現在進行中のこの堂々たる違憲行為についてどちらの候補も全く言及しようとしなかったが…。

これが2013年10月現在の韓日関係である。韓国は植民地近代化論者に「国史」を書かせてまで日本の植民地支配正当化に歩み寄り、さらに日本・アメリカと一緒に北朝鮮侵略の為の軍事訓練まで仲良くやっている。一体これのどこが「日韓緊張」なのか? 今の韓日関係は、仲良く軍事訓練するほど最高に良好な関係である!

「朴槿恵はアメリカで日本に対する従軍慰安婦関連の不満をぶちまけた」という話がまことしやかに報じられているが、そんなものは八百長プロレスか無気力相撲の類でしかない。近い将来首脳会談をする時に「これだけの対立を乗り越えて日韓の首脳が手を結んだ」という絵図を作って盛り上げる為の事前準備演出というか地ならしという事だ。柳永益の国史編纂委員長就任、韓米日合同軍事訓練、そして日本側の「東京大行進」や「のりこえねっと」に代表される「民族と国境を越える和解運動」などはいずれも朴槿恵と安倍の首脳会談を盛り上げる為の壮大な舞台装置という事である。

日韓関係は現在全く悪化などしておらず、実際にはむしろ戦後最高に良好な共犯・癒着関係にある。騙されてはいけない。
真に日本の植民地支配を清算し、民族差別に反対し、憲法9条を守りたいというならば掲げるべきスローガンも行動方針も簡単なほど明白ではないか。

「韓米日共同軍事訓練反対!」「日韓首脳会談反対!」「朴槿恵訪日反対!」「安倍晋三訪韓反対!」「朝鮮学校への無償化適用と補助金支給を!」「今言われているような『東京大行進的日韓和解(笑)』などクソ食らえ!」

80年代の中曽根康弘訪韓時と情勢は全く変わっていないどころか、むしろ悪化している。中曽根訪韓反対運動の事を今一度思い起こさねばならない。




PR
コメント

コメントを受けつけておりません。

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 10 11 12 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア