忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 国際関係

一時の気の迷いは誰にでもあるが

そうでない確信犯というのも中には存在する。何の事かというと、沖縄の米軍基地を「本土」に引き取ろう、という一部の動きについてだ。こうした署名を始めたり賛同している大半の人達は辺野古の弾圧など沖縄米軍基地問題の酷い惨状に心を痛めている良心的な層であると思う(筆者の主観的な印象だが)。だからこそ、現状の閉塞感から来る絶望的心理に迷って、ついついおかしな言動をしてしまう事もある。市民運動・社会運動の現場ではよくある事だ。故に今一度熟慮してみる事が必要だろう。それでおかしな点に気付いたら引き返せば良い。「沖縄の基地を「本土」が引き取りゃいい」など何重にもおかしな話である事はすぐに気付くはずだ。そんなのは安倍自民党政権やアメリカの立場にしてみれば「だから何? 俺達には痛くも痒くもねえよ。むしろおまえらこそ本当にそれでいいの?」でしかない話なのだから。それどころか、基地反対派が弱気になって一方的に妥協してきたと向こうは受け取るだろう。

特に筆者が一番おかしいと思うのは「米軍基地本土引取り」を主張する人々が、京都の米軍レーダー基地問題をこの件と関連付けて考えようとしない点だ。もし日本政府が「このレーダー基地は君達の言う通り『本土』にあるんだから文句ねえだろ。それともこれを沖縄に建てたらいいのかね? 『本土人』らしく基地を受け入れた上で交渉したまえ」と言ってきたらどうするのか。「本土引取り」を言う人々の大部分は京都レーダー基地にも反対している(はず)のだが、不思議なほどにこれらの事を同時に考えたり言及するのが見られない。京都の米軍レーダー基地と併せて考えれば「米軍基地本土引取り」論の矛盾やおかしな点にも気付くはずだ。
今の日米新ガイドライン体制をなめてかかってはいけない。日本はこれから米軍と一緒になって世界中どこでも自衛隊を派兵して戦争に一枚噛むというのだから、日米両政府は沖縄も「本土」も関係なく、米軍基地と自衛隊基地を増強しようとはしても削減しようなどとは夢にも思わないだろう。日米安保・日米新ガイドラインの観点から見れば、米軍基地が沖縄にあっても「本土」にあっても同じ事、今ある(または建設予定の)基地を大阪などに移した所でそれは日米安保の枠内であり、それが日米安保を揺るがす事は全くない。「その上で基地廃棄を交渉」する余地などありはしないのだ。むしろ今の翁長県政下では、日米安保をがっちりと保持したまま米軍基地を本土に移す事こそ望む所というフシが見受けられる。これについてはまた後日改めて述べるが、翁長知事の究極的な狙いは沖縄を「ある時期のある国」のようにする事にあるのだと思う。
同時に、日米両軍に殺される国の民衆にとっては、沖縄であれ「日本本土」であれ加害者であるという事。今一度これらの部分を良く考えて欲しいと思う。

もう一つ、一部の人々がこうした「本土引取り」論に陥る心理とは「復讐の情念」もあるのではないか。「沖縄は米軍基地のせいでこんな酷い目に遭っている。『本土』の奴らこそ同じ目に遭ってみろ」という感情だ。これは誰しも当然抱く感情であるし、基地を押し付けてきた日米政府や日本国民に対して叫ぶべきシュプレヒコールだろう。だからといってそれを忠実に現実化する事を求めるのが解決策なのか。いや、今まで被害を受けてきた沖縄の立場から復讐をするんだ、というのは十分にありだと思う。では「本土引取り」は果たして沖縄の受けて来た苦痛に対する復讐行為足りえるのだろうか? 仮に沖縄の米軍基地が「本土」のどこかに移されて、そこの周辺住民が米軍から様々な被害を受けたとしよう。つまり沖縄の基地周辺住民と同じ目に遭った、今までの復讐・敵討ちがなった、溜飲が下がったとして、それを喜んで良いものなのか。その「復讐・敵討ち」とやらをしてくれたのは誰ですか? 他ならぬ最大の元凶・米軍でしょ? 最大の元凶・米軍が、「本土」の憎きヤマトどもを轢き逃げしたり強姦したり騒音で沖縄の仇を討ってくれた…? 筋から言えば、米軍とヤマトというのはグルになって沖縄を痛め付けてきた共同犯コンビであり、どちらも仇ではないか。その仇コンビの親分の方が子分の方を痛め付けるという、これの何が沖縄の復讐になるというのか。単純な「復讐・敵討ちの論理」から見ても、「米軍基地本土引取り」というのは完全な間違いである事が分かる。「沖縄の復讐」を真剣に考えるならば、討つべき仇は日本とアメリカ両方に他ならず、別なやり方でより巧妙に行われなければならない。仇の片方(それも強い方)に頼るようなやり方は何重にも間違っている。復讐というならば、だからこそ一時の感情的な衝動に惑わされず、冷徹な思考を以って考えねばならないのだ。赤穂浪士を見るまでもなく、復讐・敵討ちというのは現実にも大変難しくて知恵と労力を必要とする。一時の激情だけで成し遂げられるものではない。

米軍基地を「本土」に移すというのは結局の所、日米安保を延命させる自殺点シュートであり、妥協論でしかない。辺野古に行けば反対運動が凄まじい暴力的弾圧を受け、依然として日本人の多くが日米安保を肯定している。こういう絶望的な状況に妥協論の生じる余地が出て来るのだろう。「米軍基地を完全になくすのではなく、県外移設なら日米両政府も受け入れてくれる可能性が少しは高いのではないか」という弱気の思考だ。それを「ヤマトが沖縄と共にありたい」「負担とリスクを負う覚悟」「本土引取り」などと言い換えるのは、弱気をごまかす為の自己弁護だろう。だからこそ、今一度考え直さねばならない。一部の人々(中には意外な人もいた)が「米軍基地本土引取り」論に走るのは、厳しい状況とそれによる不安や弱気の反映、あるいは一時的な激情によるものが大きい。だが十分に考え直す余地はある。そうした人々には今一度熟慮をしていただきたいと思う。

が、しかし…。

こうした気の迷いによる判断ミスとは違い、「確信犯」には情状酌量の余地はない。「本土受け入れ」が何の解決にもならない事、沖縄にとっての復讐や敵討ちにすらならない事、日米安保には何の痛痒も与えないばかりかむしろ強化させかねないという事を知りながら言っている奴がいる。その者に名前を尋ねれば、高橋哲哉と答えた…。
(次回「新ガイドライン・日米安保・翁長ドクトリン」に続く)

PR

「明仁天皇は平和主義者」byアメリカ合衆国大統領バラク・オバマ

今の日本で左翼か右翼か、護憲か改憲か、反安倍か親安倍かを問わず、双方の陣営で完全な一致を見ている特筆すべき共通認識(と言うか共同幻想)の一つが「明仁天皇は平和主義者」というアレだろう。間違いなくこれは「戦後70年」「日韓修交50年」たる2015年の日本で最大の「トレンド」と言って間違いない。とりあえずこれだけ言ってりゃ(色んな意味で)大丈夫、みたいな所が今の日本には蔓延している。その心はまさに
「バスに乗り遅れるなッッッッ!」

で、同じような現象が韓国で起こっている事も筆者はこれまで何度も指摘した。倭王のパラオ訪問時に韓国のマスコミが保守派から進歩派まで一斉に「日王の平和の歩み」「安倍を牽制してくれている」という、何度記事を読んでもさっぱりその根拠が分からない右へならえ報道一色だった事は記憶に新しい。むしろ進歩派メディアの方が倭王への礼賛度が高いくらいだった。これはパラオ訪問の時に限らずここ2・3年ずっとそうで、例えば以下の京郷新聞の社説は凄絶の一言に尽きる。以下に一部翻訳抜粋する。

http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201501022036395&code=990101
【社説】明仁日王の満州事変言及に注目する

明仁日王が去る1日、新年を迎えて意味ある話の糸口を投げ掛けた。彼は「今度の機会に満州事変に始まる戦争の歴史を十分に学び、これからの日本のあり方を考える事が今非常に重要だ」と述べた。満州事変は日本軍が1931年9月に南満州鉄道を爆破し、中国軍閥の仕業だとして中国を侵略した事件だ。明仁日王はこのように、侵略者日本の位置を再三振り返った。日本にとって今年は、韓国人をはじめとするアジア人に忘れられない野蛮行為をし、第2次世界大戦に敗戦して70年になる年だ。
(中略)
明仁日王から話の糸口をつかんで、安倍総理がまず心から反省している事を見せねばならない。

http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201502232100025&code=990101
【社説】日本王太子の過去史省察、安倍談話にも反映されねば

日本の徳仁王太子は55歳の誕生日を迎えた去る20日に東京で記者会見を開き、敗戦70周年を迎える日本が戦争の悲惨さを忘れず記憶せねばならないと語った。(中略)彼の発言は日本の過去史に対する反省の意を明らかにしたものと見られる。
(中略)
だが安倍総理は過去の二つの談話(河野・村山)核心的表現である謝罪・痛切な反省を継承するかは言及せずにいる。

またしても「天皇陛下(または皇太子)はあれだけ素晴らしい平和主義者なのに安倍は…。安倍は陛下を見習え!」という例のアレだ。繰り返すが、これは日本の新聞ではない。韓国の、それも進歩派(左派)を代表するメディアの一つとされている京郷新聞の社説である。前に太平洋遺族会という、日本の誰かさんみたいな事を主張している韓国の右翼カルトをネタにした事があるが、あれは決して頭のおかしなカルト集団や極右政府御用団体だけの認識ではなく、今や韓国マスコミ全体の共通認識だ。かつて日帝植民地時代の朝鮮の新聞はもちろん統制されていたので、「(八紘一宇と大東亜共栄圏で)アジアと世界を平和に導く天皇陛下万歳」と毎日のように書き立てていた。それから解放されて70年経ったというのに、今でも南朝鮮の新聞・マスコミは相も変わらず「(安倍を牽制して)アジアと世界を平和に導く天皇陛下万歳」と叫び続けている。南朝鮮=韓国は植民地解放から70年を経て、民族独立国家(と言えたかどうかはかなり怪しいが)から再び日本の天皇を賛美する植民地臣民体制へと退化したのだ。南朝鮮における「光復70周年」とは、日帝時代への回帰の年と見るのが正しいのである。それでも日帝時代の新聞は強圧的に統制されてやむなく書かされていたが、今の韓国メディアは自ら進んで倭王を礼賛している点が救い難い。植民地時代よりも一層酷く自ら進んで日本に隷従してる(したがる)今の韓国マスコミって一体…。天皇訪韓を煽る和田春樹や、それとつるむ白楽晴ら創批(創作と批評。言うなれば「韓国の岩波」)知識人グループが及ぼした害悪も非常に大きいのではないか。
嘘だと思うなら検索してみれば良い。グーグルでも何でもいいから「일왕 평화(日王 平和)」で調べれば、どれだけその手の新聞記事が大量に出て来る事か…。
インチキ字幕で今をときめく池上彰のようなノータリンはこうした「アジア一の親日国家韓国・植民地解放後も天皇陛下の御威徳に平伏し続ける親日国家韓国」の現実を何も知らない。いや、池上は現実・現状がどうかなど関係なく、ひたすら日本人至上主義と韓国への卑下・蔑視を煽って自分だけ金儲け出来ればそれで良いという事だろう。

さらに言うと、「明仁天皇は平和主義者」論を最も後押しして利用しているのはアメリカであるという事も外せない。2014年にオバマが来日した時の事を忘れてはいないだろうか。その時のオバマの言動はどうだったのか?

http://www.asahi.com/articles/ASG4S556FG4SUTIL023.html
「私たちは共にいます」 オバマ大統領スピーチ全文
2014年4月24日21時19分

これはまた、この上なく光栄なことでもあります。私は第44代アメリカ合衆国大統領ですが、陛下は日本の125代目の天皇陛下です。日本の皇室は2000年以上の長きにわたり、日本人の精神を体現してきました。今夜、その精神を、陛下の平和への思いの中に感じることができます。またこれまでの困難な日々や、3年前の東日本大震災の悲劇にもかかわらず、その強さと規律正しさと高潔さで世界の人々に影響を与え続けている日本国民の立ち直る力の中にも感じられます。

「陛下の平和への思いに日本人の精神が感じられる」だってさ。オバマも「明仁天皇は平和主義者」という幻想をフルに利用しつくしているという事だ。何に利用するかだって? 日米新ガイドライン体制、韓米日軍事同盟体制に代表されるアメリカの戦争政策に決まっているではないか! 安倍が強行に日本の軍事大国化を進め、それに対する国内外からの反発を「平和主義者」の倭王がなだめる。サラ金取り立て屋の脅し役となだめ役の役割分担みたいなものだ。アメリカにとってこの構図は実に好都合。もう一つ忘れてはいけないのは、この時の来日でオバマは倭王と一緒に陸上自衛隊の閲兵式に出たという事実だ。これ以上の説明は無用だろう。「安倍と違って天皇は平和主義者」などと言ってる奴らのツラが見たい。
2014年の晩餐会でオバマが言ったリップサービス、明仁にしてみればまさに100万どころか1億の味方を得たようなものであり、天にも昇らんばかりの気分だったろう。顔も知らないペーペーの臣民どもが例え何万人「陛下は平和を愛している」と叫ぶよりも、アメリカ大統領一人にそう言ってもらえた方がはるかにありがたいし、影響力も実効性も比較にならない。

「俺はアメリカの大統領にまで認められた世界の平和主義者なんだぜえええええッ! だから仮に安倍が戦争おっぱじめても、俺には何の責任もないんだああああああッ! これで俺の地位と皇室は千代に八千代に安泰だぜいッ! それこそさざれ石が巌になって苔が生えるまでなあッ! これこそ君が代ジャパンッッッッ! 俺は別に強制した覚えはねえぜ? 選んだのは貴様ら臣民どもよ!」

…という明仁の高笑いが聞こえてきそうだ。アメリカから「勅許」もらって喜んでる天皇(笑)。一方沖縄では、ウージの下で出会った友が辺野古の海でこの世と千代に八千代にさよならさせられそうなほど酷い暴力を海保にやられている状況というのに、天皇とその臣民どもというのは実にいい気なものである。

「(日の丸も君が代も米軍基地も)強制した覚えはない」と白々しくうそぶく「君が代ジャパン」
ありとあらゆる暴力の動員によって非道な仕打ちを強制される「島唄ウチナー」

この落差に気付かなければ人間としておしまいだろう。両者にとって「千代に八千代に」という言葉は180度逆の意味を持つ。
と同時に
「日本人の精神年齢は(天皇も安倍も含めて)12歳。いや、今はもっと退化して3歳くらいじゃね? 韓国人もね」
というオバマの高笑いも聞こえてきそうだ。

倭王すなわち天皇という「玉(ギョク)」はアメリカにとっても非常に利用し甲斐のある手駒である。日本敗戦直後の占領政策の時とほとんど同じように、その「天皇の利用」は成功する確率が高い。山本太郎辺りのぺーぺーな「平民」と違い、日本の「ケツ持ち」アメリカという力ある強大国にとって、日本という国を利用して動かすのに天皇制は便利なツールシステムである。もちろん日本にとっても軍事大国化にはアメリカのバックが絶対に必須であるのだから。

・日本の軍事大国化という安倍(含む執権勢力)の野欲。
・「俺は平和主義者」というアリバイで自分の地位と皇室の安泰だけが何より大事な倭王・明仁の野欲。
・日本をいつでもどこでも自国の戦争政策にフル活用したいアメリカの野欲。

三者の利害はどこまでも完全に一致しているのである。いや、三者でなく四者だ。

・北の国家体制を転覆して「南主導の吸収統一」という朴槿恵政権(に限らず与野勢力ひっくるめた韓国という国そのもの)の野欲。

もまた上記三者と利害がぴったり一致する。「南主導の吸収統一」というのは「日本の軍事大国化」と同じで、どこまでもアメリカ(と日本)のバックがなければお話にもならないのだから。
林東源や白楽晴といった韓国の旧太陽政策派人脈(旧民主党・現新政治民主連合系)が2012年末頃(大統領選挙直前)を境に、北の人権問題などを口実に一斉に吸収統一論に転換した事はこれまで何度も述べた。今や与野党問わず韓国における統一政策は「南主導の吸収統一」一色であり、これに関して「国論の分裂」は全くない。あるとしたら「圧倒的な軍事的・経済的圧力で北を屈服させる」(朴槿恵&セヌリ党)か「経済支援のバラマキをやって北の経済が南なしには成り立たないように仕向け、屈服させる」(旧太陽政策派人脈&新政治民主連合)かという手法の違いだけだ。いずれの手法を採用するにしても、日米の強力な軍事的バックアップが絶対に欠かせない。それに反対する異端者は、統合進歩党シン・ウンミ氏のように実力行使で排除される。「明仁天皇は平和主義者」論というのは日米新ガイドライン体制下における韓米日軍事同盟(と、それによる南主導の吸収統一)を円滑に進める「麻薬のような物」として必須のツールの一つであり、だからこそ旧太陽政策人脈=旧民主党系の御用メディアであるハンギョレ・京郷・オーマイニュースらは倭王を平和主義者だと必死になって持ち上げるのだ。それこそ極右・保守系メディア以上に熱心に! 

世界中で戦争して空爆や劣化ウラン弾で大量虐殺を行っている国の大統領が大絶賛する「平和主義者」って何? それをありがたがってる日本人や韓国人って何? 

2014年4月24日
オバマは来日して倭王明仁と陸上自衛隊の閲兵式に参加、その夜の晩餐会で「日本の皇室は2000年以上の長きにわたり、日本人の精神を体現してきました。今夜、その精神を、陛下の平和への思いの中に感じることができます」というスピーチを行った。これが持つ意味をよく考える必要がある。アメリカの大統領が自衛隊という属国の軍隊を閲兵し、挙句はその属国の王様に「平和の思い」とまでお褒めの言葉をかけてやった。すなわち明仁は
「日本人の精神を体現した平和主義者」だとアメリカからお墨付きを下賜されたのだ。

2015年4月29日
安倍は米連邦議会上下院合同会議に呼ばれて演説する事を許された。それも過去の侵略行為を否定する内容の! これが持つ意味をよく考える必要がある。この両院合同会議というのは、かつて真珠湾攻撃の直後に対日宣戦布告をした場所ではないか。そこで「かつて対米宣戦布告に名を連ねた商工大臣・岸信介」の孫が演説する事を許され、日帝の侵略を否定し、アメリカとの軍事同盟をこれ以上ないほど歯の浮くようなセリフでヨイショした。すなわち安倍は
「自衛隊の正規軍化」「領土拡張(尖閣・独島)」「吉田ドクトリン(重経済軽武装という例のアレ。軽武装と言いながら実際には着々と軍拡化を進めていたのだが)の破棄」について、アメリカからお墨付きを下賜されたのだ。

倭王には「あんたを平和主義者に認定」安倍には「日本の軍事大国化認定」というお墨付きをそれぞれくれてやったアメリカ。アメリカは一見矛盾するかのような「勅許」を同時に出してやったかのように見えるが、すでに述べたようにこれは実は矛盾でも何でもない。日米の軍事政策拡大をスムーズにするべく両者を「なだめ役」と「脅し役」で役割分担させるようにしただけだ。「安倍の軍事大国化への策動」と「明仁天皇の平和への歩み」は決して対立するものでも矛盾するものでもなく、一つ車の両輪である。「天皇は平和主義者」と信じる事こそ戦争への近道なのだ。

        
  • 1
  • 2
  • 3

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
27 28 29 30 31

フリーエリア