忍者ブログ

Super Games Work Shop Entertainment

Home > 漫画版「離別鉤」翻訳連載

漫画版「七種武器 離別鉤」翻訳連載第1巻04

漫画版「離別鉤」今回は1巻の13頁から17頁。これで1巻は終了です。次回から第2巻目に入りますので御期待下さい。

ribetuhonyaku01_13.jpgribetuhonyaku01_14.jpgribetuhonyaku01_15.jpgribetuhonyaku01_16.jpgribetuhonyaku01_17.jpg







PR

漫画版「七種武器 離別鉤」翻訳連載第1巻03

漫画版「離別鉤」の続き。今回は1巻の9頁から12頁までです。
主人公・楊錚とヒロイン・呂素文登場。
(訳 ZED)

ribetuhonyaku01_09.jpgribetuhonyaku01_10.jpgribetuhonyaku01_11.jpgribetuhonyaku01_12.jpg







漫画版「七種武器 離別鉤」翻訳連載第1巻02

漫画版「七種武器 離別鉤」、今回は前回に引き続いて1巻の5頁から8頁までです。
まずは離別鉤の由来を語った上で、悪役の狄青麟が登場。
(訳 ZED)

ribetuhonyaku01_05.jpgribetuhonyaku01_06.jpgribetuhonyaku01_07.jpgribetuhonyaku01_08.jpg







漫画版「七種武器 離別鉤」の翻訳連載開始します 第1巻01

以前少しふれました古龍の「七種武器」ですが、これは香港で漫画化されています。作画担当は武侠物漫画で有名な馬栄成。それの序章部分にあたる「離別鉤篇」の翻訳連載を開始する事にしました。
 
ただしこの漫画はほとんど原作小説の原型を留めていない超アレンジ作品であり、「七種武器」の武器と登場人物だけを拝借したほぼオリジナルファンタジーと見るべきでしょう。
唯一の例外が、今回連載する離別鉤の由来を描いた序章エピソードで、これだけは比較的(飽くまでも他の武器のエピソードよりは比較的、という事です)原作小説の物語に準拠した内容となっていました。これから始める連載はその部分です。
ただし訳すのは飽くまで序章エピソードである「離別鉤篇」だけです。何しろそれ以降、特に物語の後半になると、七種武器の持ち主達が空を飛びながら「気」をビームのように飛ばし、世界の運命を賭けて邪悪な精神体相手に戦うという、ほとんど「ドラゴンボール」か「幻魔大戦」並みの超次元バトルと化してしまうので、さすがにそこまでは翻訳したくありません…。それに何も知らない人がそれを読んで「古龍の七種武器とはこんな話だったのか」と勘違いされても困りますし。
翻訳のペースは遅いですが、気長にお楽しみいただければ幸いです。

001_cdr.jpgribetuhonyaku01_02.jpgribetuhonyaku01_03.jpgribetuhonyaku01_04.jpg








 
        
  • 1
  • 2

プロフィール

HN:
ZED
性別:
非公開

ブログ内検索

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 10 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア